HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今朝の遭遇 by Akko

11月も半ばを過ぎ、アラスカはますます日照時間が短くなってきました。
平日は毎朝7時45分頃家を出て娘を小学校に送っていきますが、この時期は日の出が10時前なので8時前はまだ真っ暗です。
今朝も暗い中を車で出かけたのですが、角を曲がったところで何か巨大なものとすれ違ったような気配を感じました。

…ん?!

ふと見ると、大きなムースがいました。ハロウィーンで飾っていてそのままにしてあるかぼちゃを食べているのです。

暗いのと、慌てたのとでボケてます。
d0143355_07414410.jpg

この反対側にもハロウィーンのかぼちゃが残っていたのですが、そこにも一頭いました。

d0143355_07403702.jpg

かなり近くに車を停めて写真を撮っていたら、むくっ!と体を起こしてこちらを向いたのです。

d0143355_07423955.jpg

とにかく大きくて、車に乗っているとは言えすぐ近く。娘が「怖い怖い」と言いだしたので私も怖くなり、撮影終了。

いや、朝からびっくりしました。ムースもびっくりしたことでしょうねえ。おどかしてごめんなさい~!




[PR]
# by haishirokuma | 2016-11-18 08:05 | 小熊のAkko | Comments(0)
明日、アラスカの日付けで11月6日、いよいよ冬時間に変わります。
”Fall back"なので1時間時計を戻し、1時間余計に寝られるというなんとなく得をしたような気分になれる日なのです。

本日の日の出が午前9;40、日の入り午後5;45,5分程日照時間が短くなっています。
これが一昨日、午前10:40、ダウンタウン9番とLストリートの角を通過時に撮ったもの。

d0143355_13361369.jpg


一週間前に降った雨で芝生を覆ってくれていた雪もすっかり解け、11月初めのアンカレジとは思えぬ景色です。
気温は氷点前後で、朝、霜は降りますけどね。

時間が前後しますが、10月31日のハローウィンの日のご近所さんです。

d0143355_13372880.jpg

d0143355_13383754.jpg

d0143355_13392689.jpg


少し薄暗くなった6時頃、今年の一番乗りは長男夫婦。そして、2番は次男家族。

d0143355_13404338.jpg



我が家の前の通りは、ここ数年、一時渋滞とも言える程の車の列ができます。
各家の前に停車して、親は車の中から子供を見守り、子供達は車から降りTrick or treat!
勿論、コスチュームを着せたワンコ連れの親が玄関まで一緒にという子供達もいましたよ。

d0143355_13425132.jpg

d0143355_1343256.jpg


玄関に出て、お菓子をあげるのも大忙しでした。
我が家のワンコもイチイチ玄関まで出てきて挨拶(?)
70人位は来たでしょうか、180個用意したキャンディーは無くなり、8時半には”店じまい”
にしました。
毎年これはこれで、私にとってはなかなか楽しい時間なのです。

娘の親友の叔母様からオフィスでの写真が届きましたので、紹介します。
ハローウィンの日にアラスカ鉄道経理課のスタッフ一同、こんなコスチュームだったそうです。

d0143355_13441180.jpg


流石、アラスカ鉄道!!

ハローウィンの日にREIの駐車場で偶然発見したピンクの消防車(乳癌を含めて全ての癌の撲滅推進をアピールする目的でピンク色に)の写真、これはおまけ。
話には聞いていたのですが、実際に見たのは初めてで嬉しくなり写真に撮りました。

d0143355_13444722.jpg


4名の消防士さんは、REIでお買い物中だったようです。
[PR]
# by haishirokuma | 2016-11-06 13:52 | 小熊のAya | Comments(0)
日照時間がどんどん短くなり、先週あたりは出勤時間にきれいな朝焼けを見ることができました。

d0143355_06480582.jpg

そろそろかな…と思っていた初雪ですが、アンカレジの下界は10月21日未明から雪が本格的に降り始め、朝には一面銀世界となっていました。

木の枝に積もった雪が模様のよう。
d0143355_06494598.jpg

先週初めにスパイクタイヤに替えておいたので、ずいぶん気が楽でした。初雪の日はちょうど公立学校がお休みだったので、道路も大混雑にはならなかったような…。

この冬は、雪が多いのか少ないのか、温かいのか寒いのか…さて、どんな冬になるでしょうか?!



[PR]
# by haishirokuma | 2016-10-26 06:55 | 小熊のAkko | Comments(0)

ファーマーズマーケト

天高く馬肥ゆる秋。
まさしく先週は、空気がぴーんと張った秋晴れに恵まれたアラスカでした
オーロラが連日夜空を染め賑やかでした。
この頃になると、すっかり朝は寒く霜が下ります。
毎週楽しみにしていたファーマーズマーケットも先週で終わってしまいました。
スーパーとは違い、地元で取れたてのお野菜は、新鮮で味も美味しい!
野菜だけではなく、パンや、ハチミツ、ピクルス,お花、シーフード、アイスクリームなどなど売られ、見ているだけでも楽しいです。
d0143355_16105761.jpeg
今年最後の日となり、ー4度の寒さにもめげず大賑わいでした
d0143355_16131655.jpeg
カード社会のアメリカ。現金を持っていない人のためにこんな機会まで用意されています。
d0143355_16154186.jpeg
これを見るともう時期ハロウィンだと実感。
d0143355_16090469.jpeg
d0143355_16260231.jpeg
シーフードのお店はサーモン、タラ、ハリバットが売られ
私が以前から興味があったこちらをゲット!
d0143355_16080182.jpeg
1ダースで$12。
甘くてとろ〜んとしていて美味しかったです。
家だとポン酢で食べられるのもいいですよね!
最後に大好きな生牡蠣でしめられて大満足のファーマーズマーケットでした。

今頃になっての報告となりましたが、
この夏、スタッフで1泊2日でデナリ公園にで行ってきました。
マッキンリーシャレーリゾートの改装お披露目の視察です。
d0143355_06033724.jpg
リゾートの中心部にデナリスクエアーという場所が新設されました。
お土産物屋さん、ディナーシアター、レストラン
テーブルの真ん中にはファイヤー。夜はお酒を飲みながらライブミュージックに耳を傾けるのはいかがでしょう。
d0143355_06150105.jpg
d0143355_06133803.jpg
レストランも天井が高くとてもステキ
朝食のバッフェは種類も充実しており、お料理も美味しかったです。
d0143355_06021690.jpg
リゾート内はアラスカらしく広大な敷地。ロッジ風の建物が点在する中シャトルバスが走っており、川沿いには遊歩道がひかれ、朝の散歩では新鮮な空気で目覚めスッキリ
d0143355_06021699.jpg
シャトルのバス停
d0143355_06123018.jpg
d0143355_06104457.jpg
展望台やデナリ公園内を走っていた初代のシャトルバスなども見られます。
d0143355_16422655.jpeg
リゾート内に全て揃っておりゆっくりくつろげる私一押しのデナリ公園のホテルです







[PR]
# by haishirokuma | 2016-10-17 16:53 | 小熊のMidori | Comments(0)
8月中旬から紅鮭釣りで有名なスポット、ラシアンリバーでもシルバーサーモン(銀鮭)が釣れ出します。
遡上数は、とても少ないのですが、偏光サングラスをかけ、よーく水中に目を凝らすと婚姻色で真っ赤になった紅鮭の群れに混じって、一際大きなシルバーサーモンが悠々と遡上するのが見えます。

小雨が降ったり、風があって水面が少しでも波立っているととても見つけにくく、その姿を見つけるだけでもまるで宝探しの様です。
そして、その口にしっかりと毛針をかけるのは、これまた至難の技。
私はまだまだ修行が足りず、せいぜい体やヒレにひっかけるのが関の山で、あっという間に外れてしまいます。


d0143355_8533753.jpg

d0143355_854288.jpg

これは8月末日、我が家のお嫁さん、Kちゃんにアラスカの釣りを紹介ということで誘った(実は無理矢理なんですが)時の写真です。釣れてます!釣れてます!

ラシアンリバーのこの時期は、毎年顔ぶれが一緒で、下流にいる常連が、“綺麗なのが上がって行くよっ〜!”と教えてくれます。
また、オレゴンやジョージア州から来て、近くのロッジに1ヶ月程滞在し秋のこの釣りを楽しむ人もいて、和気あいあいとした雰囲気です。

釣り上げたシルバーサーモン(ラシアンリバーでは、1日1本だけという決まりです)を帰宅後、即真空パックとイクラに。
d0143355_903224.jpg

d0143355_92338.jpg



そして、9月に入り、週1で昨年も紹介したお気に入りのトレイルリバーへ。
道中、サミットレイクは鏡の様。
いつもは通り過ぎてしまうのですが、停車せずにはいられない程の景色でした。
d0143355_95699.jpg


8月からずっと降雨量が多く、かなり増水した痕跡はありますが、先週もどうにかひとりで歩いて渡ることができました。
d0143355_97275.jpg


主人は、ほぼ入れ食い状態でキャッチ&リリースの連続。
私もやっと元気なレインボートラウトがかかったのですが、17.5インチというサイズ(16インチ以下のサイズなら良いのですが)で持ち帰ることが出来ず泣く泣くリリース,本当に残念。
d0143355_17442020.jpg



夕食用にと持ち帰ったドリーバーデン(14.5インチ)の胃袋の中からは、鮭の卵10粒と1cm程の小石が出てきました。
d0143355_991379.jpg

先週釣ったドリーバーデンの胃袋にも同じ様な小石が2つ。
これは、一説に、川が急に増水した際、その激流に流されないようにと自らを重くするため石を呑みこむと言われています。
真偽の程を魚達に聞くこともできませんが、とても興味深い習性ですよね。


d0143355_9124689.jpg

一昨日、チュガッチ山脈にもとうとう初冠雪です。
我が家の車はタイヤ交換完了、冬支度です。
[PR]
# by haishirokuma | 2016-09-22 02:52 | 小熊のAya | Comments(0)
1996年9月16日、このアンカレジの地に生まれたしろくまが、
とうとう20歳になりました!!
d0143355_03143904.jpg

これもひとえに、お客様はじめ、
しろくまをサポートしてくださった皆様のおかげです。

どうもありがとうございました。
そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

HAIしろくまツアーズスタッフ一同


[PR]
# by haishirokuma | 2016-09-17 03:18 | 小熊のAkko | Comments(0)
2016年の夏を振り返ると、キーワードは「キャンプ」と「釣り」、だったようです。

キャンプは4回ぐらい行ったでしょうか。キャンプ、すなわち、週末にキャンプ場まで車で行ってキャンプファイヤーをやってご飯を作って食べてテントで寝る、というお手軽なものです。今年は仲間の家族と行った回があり、子供たちによる出し物もあったりして、いつも以上の盛り上がりもありました。

d0143355_6232612.jpg


d0143355_6233953.jpg


キャンプ場からさらに遠出して、ホーマーの町まで行っておいしいものを食べた回もありました。気に入りのパン屋兼カフェ、Two Sistersはサンドイッチもおいしいのです。

d0143355_6251587.jpg


d0143355_6271980.jpg


陶芸作家が共同で出店しているお店も冷やかしたり。

d0143355_6274524.jpg


新しくできていたコーヒー屋さんのカップはディップネットの様子が描かれています。

d0143355_6284884.jpg


ディップネットと言えば…今年は我が家はあまり獲れなかった上に、砂嵐と高波に見舞われ、さらにメガネ&ネットを波にさらわれるハプニングが!!

…紛失物はいずれも奇跡的に見つかったので、サーモンが獲れなかったことには目をつぶりましょう。

d0143355_6314191.jpg


d0143355_6323837.jpg


代わりにと言っては何ですが、こんな魚はひっかかってくれました。

d0143355_6364832.jpg


ロシアンリバーへも釣りに出かけました。9歳児、ロシアンのレッドサーモン釣り、初挑戦は坊主でした。でも今年は他の場所で釣って、夕食のおかずに小さな魚を釣り上げてくれたこともありました。

d0143355_634298.jpg


トリモノと言えばキノコ狩り!巷で人気のモレルは火事の焼け跡に生えると言うので、去年大火事だった場所に行ってみると…

d0143355_6375719.jpg


ありました!

d0143355_6381796.jpg


バター炒めにしたら大変おいしかったです。割ってみて真ん中に縦に空洞があれば、安全なんだそうです。でも、後から聞いた話では、モレルを食べるときにはお酒はあまり飲んではいけないんだとか。な、なんとかセーフっ!??

そんなわけで、2016年の夏は、無事終了いたしました~。来年の夏がもう楽しみです…。
[PR]
# by haishirokuma | 2016-09-10 06:40 | 小熊のAkko | Comments(0)
8月に入り、毎日が雨、雨、雨。
アラスカの梅雨シーズンとは知りながらも、やはり気が滅入りがち・・・
そしてようやくこの週末、太陽が顔をだし
私の愛するBOY(ワンちゃん)を連れて、近くのトレイルに散歩。
あら、びっくり!いたるところにキノコだらけ。
d0143355_05194681.png
私の大好きなブリート(ポルチーニ)も見つけさっそく収穫。
d0143355_05200900.jpg
中にはいかにも毒キノコでしょうというのもあり・・・
d0143355_05214522.jpg
キノコばかり見て歩いていたら・・・
目の前を何かが、わさわさ通り過ぎました。
やはり彼も、良い食材を探しているのでしょうか?
d0143355_05312058.jpg
キノコは家に帰り、刷毛できれいに土などを落とし、乾燥させます。
d0143355_05364411.jpg
味も凝縮し、匂いもたちグッとおいしくなります。

雨の合間に行ったブルーベリーピッキング
今年もジャムができ、朝のトーストやパンケーキのお供です。
d0143355_05175048.jpg
また家の裏庭のラズベリーも好調で、
一番喜んでいたのは、我が家のBOYでした。
d0143355_05180486.jpg



[PR]
# by haishirokuma | 2016-09-03 05:53 | 小熊のMidori | Comments(0)

ラトーシュ島ーby Aya

d0143355_6143311.jpg

ファイアーウィードの花の下の方が種になり始めました。
ーーーーーと言うことは、夏も終盤のサインと思われます。

d0143355_6155649.jpg

お隣との境のフェンスからも嬉しい侵入者(?)、ブラックカラントです。
これも夏の終わりの一つのサイン。
もう夏も終わりですかあ?と空に向かって大声で聞いてみたい気分です。

シーズン初めに釣りに2回行っただけで、我が家のワンコの体調不良やら毎年南の州からいらっしゃる釣り客さんで、ここ1ヶ月は遠出することも無い私でしたから、
代わりに息子のレポート紹介をいたします。

息子が勤務する会社の社長さんが、ウィッティアから船で2時間半程のラトーシュ島に最近キャビンを建築され、先週末、息子夫婦が招待を受けアラスカならではの時間を過ごさせていただいたようです。

ラトーシュ島は、ハリバット釣りで有名なスポット、モンタギュー島の西隣の小さな島で、そこへ建材を運びキャビンを建築していく様子が、なんと“DIY Network・Building Alaska”のシーズン#6でこの秋に放送されるとのことです。

先ずは、キャビンの全景
d0143355_6175269.jpg

d0143355_6185729.jpg

キッチン
d0143355_6203097.jpg

リビング
d0143355_6212745.jpg

ロフトにゲスト用ベッド
d0143355_623065.jpg

アウトハウス
d0143355_6282611.jpg

電源は、全てソーラーだそうです。
水は、雨水を集め浄化する装置を備えているとのこと。

ハリバット釣り
d0143355_629233.jpg

d0143355_7303066.jpg

海老捕獲用カゴ
d0143355_631521.jpg

d0143355_6323893.jpg

息子夫婦は、早速ハリバット釣りに出かけ2時間程の間に食べごろサイズを4匹、予め沈めておいた海老捕獲用カゴ(海老捕獲用の餌は、缶詰のキャットフード1缶に穴を幾つも開けてカゴに投入)を引き上げ、新鮮なアラスカの海の幸をいただいて帰ってまいりました。

勿論、我が家にもお裾分けがきまして、ハリバットは昆布締めに。海老は塩焼きに。
因みにこの海老は、スポットシュリンプというサイズの大きい海老です。
d0143355_6351067.jpg

d0143355_6355443.jpg

長男夫婦、そして、社長さん、ごちそうさまでした!

息子達が、今回一番印象に残ったことは、
“夕方、キャビンから直ぐの岸で釣りをしていた時、静けさの中に聞こえて来る音は唯一シャチの呼吸音だけだった”と興奮覚めやらぬ様子で話を聞かせてくれました。
素晴らしい経験をさせていただいたものです。

さて、私はーーーー
d0143355_7214587.jpg

毎年金沢からアラスカにいらしてくださるシロクマのお客様からの貴重なお土産“紙ふうせん”と創作料理の達人主婦Mさん作”抹茶フラッペ”でリフレッシュ!
オフィスで頑張ります。
[PR]
# by haishirokuma | 2016-08-04 06:42 | 小熊のAya | Comments(0)
7月も間もなく半ば。早くロビンのその後を報告せねば、と思いつつ、早くも1か月近くたってしまいました。

Midoriさんの投稿の数日後、巣を訪ねますと…

d0143355_6303737.jpg


3羽のヒナは巣立った後でした。ひとつだけ、青い卵がころんと転がっていました。結局、1羽は孵らなかったようです。Midoriさんによると、1か月近くたった今でもまだそこに卵があるそうです。

「また来年もここに帰って卵を産んでほしいな~」(by Midoriさん)

***

さて、この1か月の間に、私もそれなりに夏らしい活動をいたしました。

まず、アンカレジ郊外のイーグルリバーにあるMount Baldyというお山に登りました。往復5キロぐらいの大したことない山なんですが、プチ高所恐怖症の私にはどんな山も難関です。

d0143355_6364696.jpg


急な場所もあったのですが、このウォーキングスティック(スノーシュー用のスティックに、ワインのコルクをはめた特製!)で乗り切りました。

d0143355_6381454.jpg


熊とのニアミスもあり…

d0143355_638434.jpg


花がとてもきれいでした。

d0143355_7304949.jpg


d0143355_73109.jpg


d0143355_732427.jpg


たまには高いところもいいものです。

では、続編にご期待ください…!
[PR]
# by haishirokuma | 2016-07-07 07:33 | 小熊のAkko | Comments(0)