HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏の間アンカレッジサウスのファーマーズマーケットにテントを出しているアイスクリーム屋Wild Scoops(ワイルドスクープ)のショップが、ダウンタウンにあります。(前も写真載せたような気がします)

先日、その気になりましたので、ちょっと立ち寄ってみました。


d0143355_04325673.jpg


d0143355_04324606.jpg


名前を忘れちゃったんですが、自家製レモンカードとクッキー入りのやつと、モルトチョコレート入りのやつ、2種類オーダーしてみました。レモンはさわやかに、モルトチョコレートはあの独特の麦芽風味が上手に生かされて美味しいアイスクリームになってました。

トウヒの芽やシトカの塩が入ったフレーバーなど、アラスカならではの味もあります。大人でもキッズサイズをオーダーできるので、お腹いっぱいの時でも安心してお立ち寄りください。

次なるエントリーは、Butcher Block #9(ブッチャーブロックナンバーナイン)です。ここは地元産のお肉屋さんですが、そのお肉を使ったお惣菜がまたイケてます。

この日は晩ご飯を作る気力がなかったので、オーブンで温めるだけのディナーを買ってみました。


d0143355_04330350.jpg

左側はローストチキン、ローストポテト、ローストブロッコリー。右はローストポーク、マッシュポテト、モラセスで煮たお豆です。お肉もサイドディッシュも、手作りのおいしい味わいでした。他にもいくつか種類があり、たっぷり入ってだいたい12ドルから15ドル。3人で2つでもまだ余ってしまいました。

このお店はハム類も作っていて、必要なだけスライスしてくれます。夏にアラスカにお越しの方。アンカレッジからレンタカーで南に向かう際には、ぜひアラスカのお肉やお惣菜をゲットしてみてください。

以上、アンカレッジから食のレポートをお送りしました~。


[PR]
by haishirokuma | 2018-04-25 06:48 | 小熊のAkko | Comments(0)

渡り鳥の季節です by Akko

たまに俳句をやるんです。季語を集めた歳時記を見ていると、日本とアラスカは季節感がずいぶん違うなあ、と思うことが少なくありません。

その中のひとつが、渡り鳥。日本は秋に来て、春に帰る、ですが、アラスカは逆ですね。

毎年4月中旬ごろ、アンカレジからGlenn Highwayを車で2時間半ぐらいは知ったところにあるSheep Mountainで、南から渡ってくる鷹や鷲などを見るイベントがあります。野鳥に非常に詳しい知人が、情報を送ってくれました。

「いま、渡り鳥がどんどん北上している最中で、恒例のホーク・ウオッチが来週シープマウンテンで行われます。雪原の遥か向こうからワシタカ類やハクチョウの編隊が青空をバックに接近して来る光景は圧巻です。そこは氷河と地形の関係から、ノズルのように渡り鳥の通過ルートが集まる場所で、多いときは1日に数百のレッドテイル・ホーク、ケアシノスリ、ハクトウワシ、イヌワシ、ホーク・オウル、ユキホオジロなどが通過します。」


以下のAudubon Societyのウェブサイトでも情報が見られるそうです。



http://www.anchorageaudubon.org/?p=3996



偶然4月21日、22日にこのあたりにいらっしゃる方はぜひ!



最近は朝晩はまだ寒いものの、日中は半袖でいいかも?という日が出てきました。「バードウオッチングに行っていい俳句を作りたい」という野望?!が湧いてきそうな予感が、なくもありません。




[PR]
by haishirokuma | 2018-04-18 06:56 | 小熊のAkko | Comments(0)

がっつりランチ by Akko

オフィスにはいつもお弁当を持ってきますが、たまには外食もしてみたい。

アンカレッジのダウンタウンだったら、やっぱりここかな…というのが、五番街のClub Parisです。外からは店内が見えないミラー仕上げで怪しげ(失礼)、入ってみると内装は昭和感満載(アラスカですけど)なんですが、質量ともにすばらしい!

お天気もよく気温も上がったある日、自腹取材に行ってまいりました~。

私はその日のスペシャル、プライムリブ入りのチリコンカンがのっかったフィレミニョンハンバーガー。こちらではホットドッグやハンバーガーにチリコンカンをかけて食べるってのがけっこう普通。ボリュームは三食分?!

d0143355_07004380.jpg


同行者のメニューは…

キッシュとサラダのセット。アラスカではありえない10ドル以下。

d0143355_07003645.jpg

お肉が写らなかったのが残念ですが、クラブパリスオリジナルサンドイッチと(黒いのは肉汁のソース)、

d0143355_07005536.jpg

ニューヨークステーキサンドイッチ。ステーキががっつりとはさまってます。

d0143355_07005004.jpg


接客がキビキビ的確なのも気持ちいい。巨大なフライドポテトもウマい。夜はもちろん、あの有名な「10センチフィレミニョンステーキ」をはじめとするおいし~いステーキがご自慢の、素敵なお店です182.png

では、次回の取材もお楽しみに114.png



[PR]
by haishirokuma | 2018-04-14 07:12 | 小熊のAkko | Comments(0)
アンカレッジの観光スポットのひとつ、Alaska Native Heritage Center。アラスカ先住民族の暮らしぶりや文化について知ることができる体験型の施設で、地元では先住民族の人々の活動の拠点にもなっています。

この施設、冬の間は一般開放はしていないのですが、娘の小学校のクラスからネイティブヘリテージセンターに遠足に行くということで、送迎ボランティアをしてきました。

まずはネイティブダンス。ユピック族の人だったと思いますが、「家族でカヌーに乗って秘密の場所にブルーベリーを採りに行く」というような歌と踊りを教えてくれました。

次はネイティブゲーム。二人の若者が、二本足でのハイキック、シールホップ(アザラシの格好で四つん這いになってジャンプしていく)、三段跳び(両足をそろえたまま)、などなどを見せてくれました。とにかくすごい運動神経!自分の身長より高いところにあるボール(アザラシの皮でできています)を両足揃えてキックする様子は、絶句ものです。

d0143355_05391311.jpg



d0143355_06150999.jpg

昔、先住民の人たちはたくさんの家族が一つ屋根の下暮らすことが多く、真っ暗で極寒の長い冬を乗り越えるためにいろいろな遊び、踊りをして楽しんでいたのだそうです。

この後は屋外のいろいろな部族の住居を再現した展示を回りました。心に残ったのは、ご自分の体験談を交えて説明してくれたセントローレンス島出身のガイドさんの話。おじいちゃんおばあちゃんに言われたいくつもの教えの中に、「相手が悪いときでも、相手をいやな気持にさせることはしてはいけない」ということがあったそうです。つい正論を通したくなる時でも、相手を思いやる気持ちを忘れずに、と。

***

さて、話は変わりますが、私の気に入りのレストランのひとつ、Spenard Roadhouse。ピョンチャンオリンピックに出たアラスカ出身のオリンピアンを讃えるメニュー特集をやってました。一番有名なクロスカントリースキーのキッカン選手の写真が載ってます。

d0143355_05393870.jpg


私たちが注文したのはこのメニューには載っていないんですが…

トスサラダ(レモンバジルドレッシング添え):

d0143355_06485881.jpg


今月のベーコン料理(ハッシュドポテトとベーコンに卵がのっかってます。ジェノベーゼソース添え):

d0143355_05395304.jpg


シーフードジャンバラヤ(サーモン、エビ、などなどたっぷり。かなり辛ウマい):

d0143355_05401584.jpg


皆様もぜひお試しあれ169.png



[PR]
by haishirokuma | 2018-04-12 06:51 | 小熊のAkko | Comments(0)
春分の日を過ぎて、アラスカもますます日が長くなってきました。3月初めにデイライトセービングタイムも始まったので、今は夜9時でも明るいです。

4月1日はイースターでした。アメリカに住んでいると、イースターは重要な行事なのだなあ、という感じがします。

もともとの慣習では、それまで肉、乳製品、卵を控えて過ごし、この日にそれらが解禁になるということで、イースターと言えば肉料理、なのだそうです。私もイースターのごちそうにあやかることができました。「クラウンポーク」というお料理で、骨付きポークの中にワイルドライスを入れてローストしてあります。

お肉がジューシーでおいしかった!肉断ちしていたわけでもないのに、たっぷりいただきました。

d0143355_07501642.jpg

イースターの日は夕方までお日様がさんさんと照り、長かった冬もこれで終わりだなあ、という気持ちがしました。

イースターの朝、買い物に出ようとしたら、車2台を先導してムースがやってきました。全く動じる気配もなく、右側通行でのんびり歩いていました。

d0143355_07534944.jpg

そろそろ、冬タイヤを夏タイヤに替えようと思っています。






[PR]
by haishirokuma | 2018-04-04 07:54 | 小熊のAkko | Comments(0)