HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


春の日差しを浴びながらの日課のワンちゃんの散歩をしていると…
突然目の前を、鳥が飛んできて近くの木にとまりました。
よく見るとアメリカンロビンで、藁のようなものをたくさん銜えています。
あら、この近くで巣作りでもしているのかしら?
と何の気なしに周りを見渡してみると、ラッキーに見つけちゃいました。
d0143355_06031962.jpg

d0143355_06174004.jpg
トレイルから少し入ったところで
1mぐらいの高さで、木が二股に分かれているところに上手に作っているではありませんか
d0143355_06041458.jpg
そして3日後に訪れたらなんとなんと
d0143355_06085131.jpg
1つ卵を発見!
それもきれいな水色で鶉卵の2倍ぐらいの大きさでしょうか。
そして次の日も行ってみると
d0143355_06100534.jpg
2つ目の卵です。
残念ながら次の日はいけなかったのですが初めの卵を発見してから4日目
d0143355_06105745.jpg

巣の中には卵が4つありました。
毎日なんと1個づつ産んでいたようです。
少し調べてみるとアメリカンロビンは毎日1個づつ卵を産み、2つから4つ産みます。
そして全部産み終わると卵を抱き始めるようです。
そうすることによって、すべての卵が同時に孵化するようです。
なんて合理的!
ということは明日はお母さんに対面できるかしらと楽しみにしていたところ
d0143355_06085182.jpg
お母さんロビンが巣に座っているではありませんか!!!
これから約2週間頑張って卵を抱くようです。
私も2週間、そーっと見守っていきたいと思います。
そして我が子をを皆さんにご紹介できる日が来ることを信じて…
今日はこの辺で。

[PR]
by haishirokuma | 2016-05-26 06:21 | 小熊のMidori | Comments(0)

春です、夏です - by Aya

当たり前の季節の移り変わりなのですが、日本に比べて春は短く、そして、夏はあまりにも突然やってきます。

丁度1週間前、長男夫婦は、春ならではの食材”タラの芽”(日本のタラの芽とはちょっと違いますが)摘みにキンケイド公園へ。
d0143355_4134737.jpg

d0143355_4155117.jpg

d0143355_4172124.jpg

d0143355_4465444.jpg

天ぷらは、お料理上手のお嫁さんの作品。コストコで購入の舞茸と供に。

我が家にも収穫のお裾分けが届き、フライと油炒めで春の味覚を堪能しました。
d0143355_4212591.jpg

d0143355_4244572.jpg


そして、一昨日から日中の気温が急上昇。いきなりの夏です。
心の準備が無いまま、とうとう待ちに待った季節がやって来たという感じです。
昨夜、長男からもなんと半袖でターナゲンアームにてフーリガン(シシャモの大型のような魚です)掬いをした写真が届きました。
d0143355_8543648.jpg

釣果は、最初の30分は全く入らず、その後30分で27匹との報告でした。

日照時間もかなり長くなり明るくなると、部屋の中も日頃見て見ぬふりをしているような箇所がやたらと目立ってくるものです。
我が家の”劇的ビフォーアフター”プロジェクト第一弾として、ワンコ達に荒らし放題荒らされた絨毯の取り替えを計画し、在庫ですぐに取り掛かっていただける業者さんに依頼。
2階の3部屋と廊下と階段を丸一日、殆ど休み無し9時間半の仕事で仕上げていただきました。
d0143355_4264874.jpg

ビフォー
d0143355_428018.jpg

そして、アフター

絨毯入れ替えは、数年前から気になっていて、将来ワンコ達がいなくなったらーーーと考えていたことなのですが、犬の長寿のギネス記録は、29歳と6ヵ月と判明。
これは待っていたら飼い主の方が危ない!と気付いた次第です。


荷物の移動は、日頃の運動不足もたたり大変な作業でしたが、期待以上に快適になったのも確かです。
プロジェクト第二弾は、部屋のペンキ塗りの予定。
大事な釣りシーズン前までにはなんとしても終らせなければなりません。
[PR]
by haishirokuma | 2016-05-16 04:49 | 小熊のAya | Comments(0)