HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

デナリ公園に着いた日はご飯を食べてお風呂に入って、ベッドに入ったのがほぼ真夜中の12時。

となれば、6歳児の起床は8時頃かな?と思いきや、発想が私と全く同じで、朝ご飯食べたさに6時過ぎに起床。おいおい。ま、車の中で寝ればいいんだから、まあいいか。

お部屋から眺めたネナナ渓谷の朝。今日もいい天気になりそうだ。

d0143355_97214.jpg


グランデデナリロッジのレストランでおいしいビュッフェ朝食を食べて、元気もりもり。この日はデナリ公園ドライブの後フェアバンクスに行くので、荷物をまとめてチェックアウト。

山を下りてデナリ公園入り口にあるビジターセンターへ。ここでチェックインをして許可証をもらう。

d0143355_91492.jpg


6歳児は国立公園ジュニアレンジャーのプロジェクトをもらう。プロジェクトのデナリに関する小冊子を完成させると表彰式をしてくれ、ジュニアレンジャーのバッジがもらえるというので、さっそく車内でやる気満々。

大人からすると本物の今しか見られない景色とか、動物観察とかを見ることに集中しては?と思うのだけど、そんなこと言うのは野暮なのだ。

さて、許可証なしでも行けるサベージリバーのチェックポイントでレンジャーから注意事項をされる。

d0143355_995681.jpg


サベージリバーの川岸で寝転がっている人の顔だけど、わかるだろうか?

d0143355_994810.jpg


いやあ、もうこの日はとにかくマッキンリー日和だった。くっきりと白い山。

d0143355_9112731.jpg


d0143355_9113852.jpg


マッキンリーはじめ、とにかく眺めがいいので、動物が見えなくてもまあいいや、という気がしていたのだけど、それでもちょこちょこ見ることができた。

雷鳥。冬毛に生え変わりつつある。

d0143355_11244948.jpg


マウンテンゴート。急な崖をどんどん登って行ってしまった。

d0143355_1126061.jpg


グリズリー。河原を一匹でぶらぶらしていた。

d0143355_11265369.jpg


ジリス。どうってことないように見えて、なかなか味がある立ち姿。

d0143355_11282663.jpg


車は左にめちゃくちゃ急な崖の続くポリクロームパスにさしかかる。抽選許可証は夜中の12時まで有効なのだが、もちろん街灯なんて全くないこの道を、真夜中に通りたくはないと思う。

d0143355_9114027.jpg


d0143355_11293430.jpg


休憩をしつつ、さらに先に進む。ツンドラウィルダネスツアーの折り返し地点、ストーニーヒルにて。目標だったアイルソンビジターセンターまであと少し。

d0143355_11485590.jpg


アイルソンビジターセンターは許可証当選者の車でいっぱい。

道中、プロジェクトに取り組んできた6歳児、冊子をパークレンジャーのおじさんに渡す。

d0143355_11511445.jpg


おじさん、中身を入念に確認し、バッジとレンジャーの帽子を持ってマッキンリー山がよく見える場所へ誘導してくれて、表彰式はじまりはじまり。6歳児、冊子の中に書いてある「ジュニアレンジャーの誓い」を声に出して読む。

d0143355_11532580.jpg


立派なジュニアレンジャーになれました!おめでとう!

ビジターセンターにあったカラフルな手書きの案内板。

d0143355_11545367.jpg


道中、犬連れの人をよく見かけたのだけど、ビジターセンターの外の手すりに1匹の犬がつながれていた。しばらくするとパークレンジャーが出てきて、そこへ飼い主がやってきた。話を聞いていると、「犬は車のところに置いておいてね。つい2時間前にここにグリズリーが来たんだよ。」と話していた。

まあみんな無事でよかった…。

ビジターセンターからのマッキンリー。

d0143355_1159168.jpg


眺めを堪能して、公園入り口へ向かってビジターセンターを後にした。
[PR]
by haishirokuma | 2013-09-25 12:02 | 小熊のAkko | Comments(0)

秋のデナリ公園

9月の中旬の週末を利用して、3泊4日の家族旅行に行ってきた。

最大の目的地はデナリ国立公園。夏のシーズン中はシャトルバスかツアーバスでしか入れないデナリ国立公園内の道路を車で走れる国立公園主催の抽選に応募し、許可証がもらえたのだ。

我が家は過去何年か応募して一度も当たったことがなかったのだけど、今年は見事当選。シーズン中は忙しくてなかなか行けないデナリ公園を車で走り、ついでにフェアバンクスまで北上してリチャードソンハイウェイ、グレンハイウェイを走ってアンカレジに戻ってくる、という約1600キロの旅を計画した。

ちなみに2014年の応募期間は5月1日から5月31日までの間で、7月中旬頃当選者が発表される。興味のある方は以下で。

http://www.nps.gov/dena/planyourvisit/road-lottery.htm

8月、9月と雨が多かったアンカレジだが、9月第2週の土曜の朝はすっきり快晴。午前中は日本人補習学校の授業があるので午後出発。すでにマッキンリー山がくっきり見えている。パークスハイウェイ230マイル付近のMcKinley View Point Southにて。

d0143355_23131432.jpg


さらに北上。アンカレジではやっと始まったぐらいの紅葉も、この辺りまで来ると既にピークを過ぎているが、それでもまだ色合いが美しい。

d0143355_23153287.jpg


さすがに9月中旬、デナリに着いた午後9時頃にはずいぶん暗くなった。

この日の宿泊はGrande Denali。到着すると駐車場から車が溢れ出している。この時期は既に営業を終了してしまうホテルが多いので営業中のホテルに人が集中する。この日も観光のお客さん、デナリ公園の抽選に当たった人等でかなり混雑していた。

お部屋からはネナナ渓谷の眺め。6歳児はさっそく大はしゃぎ。

d0143355_23183837.jpg


本来は6歳児は寝ている時間であるが、レストランで食事。バーガー、チキンサンドイッチがうまい。

d0143355_2320650.jpg


でも食べきれないので、半分は翌日のお弁当にする。

6歳児に本を読んでやって、夜中の12時近くなってやっと就寝。明日の天気はどうかな…。
[PR]
by haishirokuma | 2013-09-23 23:22 | 小熊のAkko | Comments(0)