HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今朝の新聞の記事。

フロリダから昨年9月にアンカレジに引っ越してきた人が、「念願のムースとの触れあい」を果たした映像がYouTubeで流れ、Fish & Game(野生動物保護やフィッシング、ハンティングの管理などを行うアラスカ州の役所)や一般市民からその行動を非難されている、というものだった。本人のお母さんもフロリダから電話をして、娘を大声で叱ったらしい。

実はこの映像、ムースを触った本人や家族ではなく、同じアパートに住んでいる他人が撮影したもので、本人は「ビデオを撮られているなんて知らなかった。『アラスカでムースを触ろうとしたCrazyな女性』呼ばわりされるのはいい気分ではない」と言っているとのこと。

そりゃあそうでしょうけどねえ。


冬も終わりかけのこの時期、この辺りのムースは冬の間の街暮らし(山は雪に覆われていてえさの小枝などを探すのが難しい)とえさ不足で気が立っている。そのムースに触ろうとするなんて、彼女は何ともなくて本当にラッキーだったが、非常識もはなはだしい、というのが非難の内容。運が悪ければムースに蹴っ飛ばされたり踏まれたりして大怪我をしていても全くおかしくない、のである。実際にムースに蹴っ飛ばされて亡くなった人もいるぐらいなのだ。

ムースに触ることは、ムースの怒りを買う恐れのある危険な行動であると同時に、ムースに対するハラスメント(迷惑行為)に該当する行動ということで、州の法律に触れる恐れもあるという。

私もつい数日前、拙犬の散歩のときに近所でムースに出くわし、横を通ろうか、それとも大回りして他の道を通ろうか、と逡巡した。今朝も通勤途中道路を横切っているムースを見た。それぐらい、アンカレジではムースは「身近な存在」なのである。

ムースに自分から近寄っていって触ろうとはユメユメ思わないけど、彼女の気持ちはわからなくはない。日本で生まれ育った私にとっては、街中をこんな大きな野生動物がうろうろしているということが、いまだに信じられないので、ムースを見かけたらつい写真を撮ってしまう。彼女は生まれついての動物好きで、「いつかムースと交流したい」と思っていたらしい。


実は我が家人も何年か前の冬に我が家の庭に現れた母ムースを触ってしまったことがある。

2階の窓から家族でこの親子の珍客を眺めていたのであるが、向こうも興味を示したのか、ゆっくり、でもどんどんとこちらのほうに向かって歩いてきた。そして、窓の外に出していた夫の手に鼻を寄せてきた(本人談)のである。

なんでしょうねえ、夫の腕が、小枝=食べ物にでも見えたんでしょうかねえ…。

本人に無断で撮影をして無断でインターネットで発表するのもどうなんだ?と思うが、いずれにしてもこの人、怖いもの知らずだなあ、無事でよかったなあ、と思ったことだった。


日本からのお客さんにもムースファンは多い。ムースや他の野生動物にばったり出くわした時には、どうぞ遠くからやさしく見守ってあげてください。
[PR]
by haishirokuma | 2012-03-30 07:30 | 小熊のAkko | Comments(0)

春の海

宮城道雄が曲想を得た風景とは全く異なるだろうが、この陽射し、アンカレジではまさしく春なのである。

d0143355_534986.jpg

[PR]
by haishirokuma | 2012-03-21 05:39 | 小熊のAkko | Comments(0)
アンカレジは地ビールのお店が多い。(前にも書いたけど。)

レストランの奥の大きなタンクでビールを作っているお店が、私が知っているだけでダウンタウンに2軒、ミッドタウンに2軒。レストランはないが、その場で作っているビールを買えるKing Street Breweryというお店がアラスカ武道館の近くに最近できて、さっそく試飲してみたところ、なかなかいけるのである。

いずれのお店もそれぞれに数多くの特徴あるビールを作っていて、食べ物がおいしくて雰囲気がいいこともあり、大変人気だ。

また、これらの地ビールやさんは、アンカレジ中の数多くのバーやレストランに卸もしているので、いろいろなところでおいしい地元のビールを飲むことができる。

お店で飲むだけでなく、マイボトルを持っていって地ビールを好きなだけ買って帰り、自宅で楽しむ人も多い。それがブームになっているのか、アンカレジで一番大きな酒屋さんのひとつ、Brown Jug Wearhouseに、こんなコーナーができていた。

d0143355_4282271.jpg


各種地ビール売り場。マイボトルを持っていけば、そこに詰めて売ってくれるし、その場でボトルを買うこともできる。立ち飲みはできないと思うけど、今晩のメニューにあわせて好きなビールを買って帰ることができるのだ。

いろいろな地ビールやさんのビールを、それぞれのお店を回らなくても、ここで買うことができる、というのがポイントなのかな。まあ、そのお店のビールはそのお店で買うのが一番新鮮だとは思うけど、なかなかに気の利いたサービスであることは確かだ。

アラスカの地ビールを飲めば地元産業を応援することになるし、メジャーなナショナルブランドに比べたら添加物なんかもずっと少ないはずだ。ボトルを使いまわすことができるのもいいしね。

もちろん、新鮮でおいしいのが地ビールのいいところ。

地ビール万歳!

(飲み過ぎは健康を害する恐れがありますのでご注意ください。>自分)
[PR]
by haishirokuma | 2012-03-21 04:49 | 小熊のAkko | Comments(0)

雪かき

今年のアラスカのアウトドアアクティビティの中で、最多参加者を誇るもの…。

それは、雪かきではないかと思う。

記録的な大雪の今シーズン、春分の日を過ぎても安心はできない。我が家のガレージ前もずいぶん積もって、途中雪かきが追いつかなかったりしたこともあり、分厚くコチコチに凍っている。

そこで登場したのがこれ。

d0143355_3545151.jpg


そう、アイスフィッシング用の穴掘り器である。つい最近友人にいただいたものであるが、本命のアイスフィッシング以前にこんなところで大活躍してしまったのである。これでまず氷を砕いて、それからショベルでザザザッと集めてポイッ。力はいるが、なかなか効率はよい。

雪の重みで屋根がつぶれたり、壁がゆがんだりする家もあって、最近は屋根の雪下ろしをしているお宅をよく見かける。


近所の道路は、こんな風になっている。

d0143355_4152659.jpg


雪の壁。

日本などにももっと降雪量の多い地域はあると思うけど、今年は本当に雪解けが待ち遠しい。
[PR]
by haishirokuma | 2012-03-21 04:18 | 小熊のAkko | Comments(0)

World Ice Art Championships

World Ice Art Championships(「世界氷の彫刻選手権」)が、フェアバンクスのIce Parkで2月28日から3月25日まで行われている。入場料がかかるが、誰でも見学をすることができる、冬のフェアバンクス人気のイベントのひとつだ。

23回目を迎えるこのイベント、世界各国から「氷の彫刻家」たちが腕を競うためにやってくる。いくつかの部門の中のひとつ、Multi-Block部門で、日本からの4人組が1位に輝いた。

この部門は3月4日の午前9時から3月9日の午後9時まで、132時間かけて彫像を作成するというもの。利用する氷は1メートルx1.5メートルx0.75メートルの塊10個で、期間中、彫刻家たちは夜を徹して芸術作品を完成させる。もちろん、入場者は作成中の模様をつぶさに見学することができる。

Multi-Block部門1位に輝いた作品の一部はこちら!

http://www.icealaska.com/component/zoo/item/mbsite-10-2012.html

特にハリネズミは、本当にすごい。どうやって彫ったのかな…。
[PR]
by haishirokuma | 2012-03-17 06:26 | 小熊のAkko | Comments(0)
3月も後半に入った。

今年のアンカレジの降雪量は、このまま行くと歴代1位になりそうな勢いだ。日照時間は延び、気温も上がってきているので、春は確実に近づいては来ているが、この雪が完全に融けるまでにはまだまだ時間がかかりそうだ。というよりも、まだまだこれからも雪が降るだろう。

フェアバンクスも例年以上の雪だが、このところいいオーロラが見えているらしい。現在、フェアバンクスでツアーに同行中のボス熊から、こんな写真が届いた。

d0143355_5575779.jpg


昨日の晩は、ダウンタウンでもこれだけ見えたらしい。ダウンタウンのホテルにお泊りの方も、空のチェックをお忘れなく。

春のアラスカは、真冬と比べると夜暗い時間は短いが、気温マイナス50度、なんていうことにはまずならないのでオーロラ観測も気持ちに余裕ができるし、日中にできるアクティビティも種類が増える。

ってなわけで、引き続きお待ちしております。
[PR]
by haishirokuma | 2012-03-17 06:06 | 小熊のAkko | Comments(0)
アラスカ時間の3月13日午後7時29分、第40回アイディタロッド犬ぞりレースの優勝者がノームにゴールインした。

今年の優勝はDallas Seavey。スタートからゴールまでの時間は、9日と4時間と29分と26秒。

おめでとう!お疲れ様でした!!

彼はアイディタロッドの正式なスタート日、3月4日に25歳になったばかり。アイディタロッドの最年少優勝者となった。彼はレスリングでもアメリカチャンピオンになったことがあるというスポーツマンで、18歳のときからアイディタロッドに出場していて、昨年はもうひとつの長距離レース、ユーコンクエストで優勝している。

アイディタロッドマッシャーというと、おじちゃんおばちゃんを思い浮かべるのだが、そのイメージで彼を見ると本当に若く見える。

今回のレースには、このDallas Seavey、お父さんのMitch Seavey(2004年アイディタロッド優勝、今回は7位入賞)、そしておじいさんのDan Seavey(1973年の第1回アイディタロッド3位、今回は現在51位でレース中)の「Seavey3世代」で出場。Dallas Seaveyの兄弟は彼を含め4人とも犬ぞりマッシャー。

ちなみに、Seavey一家はレースのない夏は、スワードやアンカレジで犬ぞりツアーを行っていて、犬ぞり界だけでなく観光業界でも名の知られた家族なのである。

今回のアイディタロッドの10位入賞者のうち…

・女性が2名入賞。

2位のAliy Zirkleは2000年のユーコンクエスト優勝者(女性はこれまで彼女一人)。

10位のDeeDee JonRoweは過去30回アイディタロッド出場で15回10位に入賞、1998年は2位でゴールしている。DeeDeeは2002年に乳がんを患って以来、乳がんの啓蒙、募金活動でも活躍している。まさに超人だ。

・30歳未満が3名。

5位のPete Kaiserが23歳、7位のMike Williams Jr.が26歳。

犬ぞりは体力だけでなく知識や経験がものを言うスポーツなので、50代以上のマッシャーもたくさんいるのだが、さすがに近頃は「世代交代」が話題になっている。

・昨年優勝のJohn Bakerは9位。

その他の出場者では…

・通算賞金1ミリオンドル達成か?と言われていた過去4回アイディタロッド優勝のJeff Kingがドッグチームの不調のため途中棄権。

・アイディタロッド、ユーコンクエスト各過去4回優勝のLance Mackeyは現在22位でレース中。

・ボス熊絶賛の双子姉妹、Anna & Kristy Beringtonは現在41位、42位でレース中。

などなど、となっている。

レースはまだまだ続く。マッシャーさん、犬さん、がんばれ!
[PR]
by haishirokuma | 2012-03-15 07:40 | 小熊のAkko | Comments(0)

Alaska Drums for Japan

3月10日はアンカレジで東北の震災1周年の催しがあった。

「Alaska Drums for Japan」、アラスカが日本に向けて太鼓を叩く、というタイトルが付けられたこの催しは、Japan Relief Fund of Alaskaが主催し、地元の団体の協賛で行われた。

会場のAsian Culture Centerにはたくさんの人が詰め掛け、椅子席はほぼ満席。

カリフォルニアから来た三味線奏者のマイク・ペニーさんは、演奏を陸前高田で亡くなったアンカレジのモンティさんに捧げる、と話してから演奏を始めた。

d0143355_411089.jpg


3月11日とその後を、朗読と太鼓と三味線で表すパフォーマンスもあった。

d0143355_425288.jpg


太鼓のグループはアンカレジにいくつかあり、叩くのも見るのもアジア系ヨーロッパ系アフリカ系あれ系それ系の老若男女に大人気だ。

催しの最後は、我が家も総出で参加した合唱だった。出番を待ちながら「Tomodachi Daiko」を聞く。

d0143355_4223894.jpg


曲目は「翼をください」、「We Are The World」、「上をむいて歩こう」。太鼓に負けないように大きな声で歌った。

最後は、会場の全員が手のひらに小さな灯を持ち、なくなった方たちに黙祷を捧げた。

これだけたくさんの人が集まって、日本を応援しているのだと思ったら、身が引き締まるような気持ちになった。そして、世界中で苦しんでいる人のことを思った。

困った時に助け合う気持ち。そして、ともに未来を切り開く気持ち。3月10日の催しは、いろいろなことを考えるひとつのきっかけにもなった。
[PR]
by haishirokuma | 2012-03-15 04:20 | 小熊のAkko | Comments(0)

見えた見えた!

とうとう。やっぱり。来た来た。見えた見えた。

d0143355_1642211.jpg


本日のアラスカ大学フェアバンクス校地球物理学研究所によるオーロラ予報は「extreme」、直訳すれば「極限」。太陽風が乱れ、磁気圏の激しいかく乱が起こっているらしい。肝心の天気もよさそうだ。

…というわけで、今日は夕食後にオーロラ観測に出かけることに決めた。

計画を発表するやいなや、盛り上がる5歳児。午後8時頃、おやつ、コーヒーなどを用意して出発。向かうはお山の駐車場。

今日の新聞にでかでかと記事が載っていたので、やっぱり駐車場には車が既に何台か。なんとこの暗がりの中、スノーマシーンでトレイルを走り回っている人も数名。

まだ空は静かなので、車中でなぞなぞの絵本などを家人が5歳児に読んでやる。

しばらくすると、空に緑色のアーチがうっすらと現れ始めた。それが見る見るうちに空に大きく広がって行く。はじめのうちは、ピンクや黄色の色も一部に見られた。

うっわ〜、オーロラ久しぶりに見た!

気温はマイナス15度か、もっと低いか。オーロラ見る阿呆にスノーマシーンに乗る阿呆。同じ阿呆ならオーロラだ!とばかり、雪の上に寝転がって観測。

5歳児も興奮しつつ雪と戯れる。オーロラよりも雪遊びかい?!と突っ込もうとしたら、雪の「椅子」を作ってくれておりました。

フェアバンクス辺りでは、もっといいのが見られているかな?

ちなみに、この時期はオーロラ以外にも注目すべき天体現象が起きているということを今朝の新聞で知った。金星と木星が、西の空に2つ並んで非常に明るく輝いているらしい。そんなこと、全然知らんかった。今はその間隔約5度。今後14日頃までに3度ぐらいまで近づくという。

さらに、3月25日頃から、三日月がこの2つの惑星の近くに見えるようになるため、世にも美しい金星、木星、月の競演が楽しめる、らしい。ここにオーロラが加われば、もうこの世のものとは思えない荘厳さ??かどうかは、確かめてみないとね。

というわけで、金星と木星とオーロラの写真はこちら。下はアンカレジの街の灯り。

d0143355_16552594.jpg


明日は金曜で仕事も幼稚園もあるので、オーロラも一段落した様子だし、ということで午後10時前に観測終了。帰りの道では、何十台という車とすれ違った。やっぱりね。

これを書いている今も、我が家の西向き、東向きの窓から、満月や街頭の光にもかかわらずオーロラが見えるのだ……。

今夜は寝られそうにない気分。ちなみに、明日の予報は「extreme+」(「極限以上」)、とある。

一体、どうなってしまうのか〜っ!?(川口探検隊風に決めてみました)
[PR]
by haishirokuma | 2012-03-09 17:03 | 小熊のAkko | Comments(0)
「春だねえ〜。」「どこが春?!」

というボケ突っ込みを5歳児と繰り広げる今日この頃。アラスカ生まれ、アラスカ育ちの娘は、弥生、と聞いたとて、「まだまだ空気は冷たいが、日は日増しに延び、春はすぐそこまで近づいているのだ」、という期待を含んだワビサビの効いたイメージは全く持ちようがないのである。

こういうほんの些細なことがカルチャーの違いを生むのであるな、と思う今日この頃。それぞれお互いのカルチャーの違いを発見し、それを愛でる楽しみに気付くというのは、なかなかに面白い人間の思考の営みであるな、と思うのである。

それはさておき、3月3日土曜日、アンカレジダウンタウンでのセレモニアルスタート(11マイル、この日は本当のスタートではなく、地元民、応援してくれる人、スポンサーへの感謝のお祭り、みたいなもの)でアイディタロッドレースが始まった。

今年は総勢66名のマッシャーたちが、3月4日の本当のスタート地点ウィローから約1000キロ先のノームまでを犬とマッシャーだけの力で走り抜ける。途中で棄権するチームも出るが、どのマッシャーも目標はゴールをすること。経済的にも時間的にも大変な対価を払って、世界で一番の犬ぞりレース出場を果たしたマッシャーたち。賞金も出るが、参加できるだけですごいこと、であることは確かなのだ。

さて、しろくまオフィスがレースコースに近いこともあり、ここ数年毎年この日にオープンハウスを開いている。レース観戦の合間にオフィスでくつろぎ、暖をとってもらおうという算段だ。

当日は大雪。朝からどんどん降ってくる。でも雪ということは、暖かい、ということだ。天気がいいとマイナス15度ぐらいでもおかしくないが、今日はマイナス5度前後、といったところか。

9時過ぎにオフィスに到着、会場の準備を始める。5歳児、外の騒音(雪でレースコースの最終調整を行うブルドーザーの音、押し寄せる観客の声、などなど…)に気が気ではない。お友達の5歳児仲間に「早くおいでよ〜」と電話。

一通り準備ができたところで、いざ出発!

d0143355_0173921.jpg


こんなので雪を集めてコースを造るのだ。いつ見てもなぜか心が躍る。

セレモニアルスタートは4番街のど真ん中を出発し、しろくまオフィス近くのコルドバストリートで右に曲がる。例年観戦はこの交差点だ(ファーランディのレースも同じ)。やはりアイディタロッド、観客の数も多く、州外から北と思われる人もたくさん見られる。家族連れも多い。

オフィスに出発順位を記載した新聞を置いてきてしまったので、隣の家族に次はだれかを教えてもらいつつ観戦。犬ぞりチームが近づくたびに、「Dog team!」というかけ声で観客に呼びかけるボランティア。大小の拍手、歓声。

d0143355_0194532.jpg


やっぱり人気はこれまでにチャンピオンになったマッシャーたち。昨年のチャンピオン、ジョンベイカー登場。

d0143355_0185399.jpg


観客の声援に応える。

d0143355_0244599.jpg


しろくまオフィス隣のメキシカンレストランの前を通り過ぎる。

d0143355_0245924.jpg


コースはアンカレジ東部にあるキャンベルエアストリップ(小型飛行機発着場)まで続いていて、途中あちこちの観戦ポイントで観客が声援を送る。声援だけでなく、ホットドッグやビール(!)なんかをマッシャーに渡したりもする。子供をそりにのせてくれるマッシャーもいる。

2004年優勝のミッチシーベイは、もらったホットドッグを自分のホットなドッグたちにやろうとしたが、マスタードの匂いを敬遠してドッグたちは食べなかったそうな。

とにかく、セレモニアルスタートはみんな浮かれてお祭り騒ぎなのだ。もちろん、マッシャーたちは翌日からの約1600キロにわたるレースのことを思って、引き締まる気分であることには間違いない。

さて、しろくまのオープンハウスに話を戻そう。今年は昨年よりお客さんはやや少なかったが、それれも雪の中かなりの人手でございました。

d0143355_0321745.jpg


d0143355_033277.jpg


休日でも仕事のボス熊。

d0143355_0342520.jpg


バランスボールで遊ぶチビ熊たち。

大人たちはおしゃべりとスナックの消費に忙しく、にぎやかな声援をバックグラウンドに聞きながら束の間の交流を楽しんだ。

がんばれ、アイディタロッドのマッシャーたち、犬たち!
[PR]
by haishirokuma | 2012-03-06 00:40 | 小熊のAkko | Comments(0)