HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

氷雨

こんにちは。勤労感謝の日はいかがお過ごしでしたでしょうか?

さて、のんびり過ごした週末明けの月曜日の朝。外を見ると…

雨!?

この時期に雨!?

今年はこれまでいつもより暖かい日が多かったのですが、とうとう雨になってしまいました。暖かいと言ってもそこはアンカレジ、気温は0度前後。こうなると、積もっていた雪が融ける一方で降った雨が凍ったりして、道路や駐車場はもうつっるつる!滑って溝にはまったり、動けなくなったりしている車が!人間は転ぶ転ぶ!

月曜日はアンカレジ学校区の学校はお休みにはならなかったようですが、出席率は半分ぐらいだったという話。火曜日の今日は、とうとう学区の学校は「登校には危険」ということで全部お休みになってしまい、我が家の4歳児の幼稚園(火曜、木曜のみのクラス)もそれに合わせてお休みに。

小学生ぐらいまでは子供たちだけで家においておくというわけにはいかないので、多くの家庭では子供の学校が休みになると親も仕事を休まなくてはならなくなってしまいます。幸い我が家のお友達にはたくさんの助っ人がいて、急きょ「デイサービス」をお願いすることができました。ありがたやありがたや。

そんなわけで、今日もしろくまオフィスは営業中です。
[PR]
by haishirokuma | 2010-11-24 04:40 | 小熊のAkko | Comments(0)

今週のムース

d0143355_5207.jpg


図書館の近くにて。今まで見た中で一番大きなムースだったかもしれない。
[PR]
by haishirokuma | 2010-11-19 05:07 | 小熊のAkko | Comments(2)

太鼓の会

d0143355_7463682.jpg


先週末は久々にイベントの予定がなかった。家でのんびり過ごすのもいいが、一日中ずっと家にいるというのも、つまらない気がする。

そういう時に見るのが地元新聞Anchorage Daily NewsのCommunity Datebook。毎週金曜日には1週間分の情報がまとめて掲載されるので、要チェックだ。

日曜日に何かいいイベントはないかな?と思って探すと、「Drumming Circle(太鼓の会?)。午後2時から午後4時まで。誰でも参加可能。参加費無料」とある。会場はGrassrootsというフェアトレードの商品を扱うミッドタウンのおしゃれなお店で、ここが主催しているらしい。

そうだ、これこれ!このイベントは毎月第2と第4の日曜に開かれており、これまでずっと興味があったのに、一度も行ったことがなかった。いい機会だから、4歳児を連れていってみるか。


さて日曜日。お店に入ると、教えてくれる人?がまだ来ていないとかで、お店の中でぶらぶらして待つ。2人子供を連れたお母さんが現れ、やっぱり太鼓をたたきに来たとのことで、「楽しみね~」なんて、親同士盛り上がる。

しばらくしてジョンさんが登場。長ーい髪をドレッドにしており、いかにもな雰囲気を醸し出している。いいぞいいぞ!


ところが。


4歳児、畏れおののいた表情で「帰る」と言いだす。聞けば、ジョンさんのヘアースタイルが、そして、ジョンさんが怖いのだという。

えええ~~!ここまで来たのにいい~~~?と目の前が真っ暗になる私。

…そこへあの子連れのお母さんが、「お店にある好きな太鼓を選んでいいんだって」と言ってやってきた。おお、商品を自由に使わせてくれるらしい。ここで4歳児、俄然はりきり出した。私は小さなアフリカのものとおもわれる小さな太鼓を、4歳児はきれいな布でくるまれたマラカスを選ぶ。


ジャンベのジョンさんを中心に、車座になって参加者が座る。リピーターが多いようだが、私たちの他にも初めての人もいたようだし、自分の太鼓(おもにジャンベ)を持ってきた人もいた。基本的にはみんな素人で、好きで太鼓たたいてます、みたいな感じだ。

まず、みんなで簡単なリズムの練習。ナイジェリアかどこかのリズムだそうで、私は鐘のようなものの担当になった。太鼓と鐘で、リズムを刻む。

その後、今日のリズムの練習。私は鐘を太鼓に持ち替える。ジョンさん的に言うと、私が担当したリズムは「どっこ~どこ~、ずーんどぅーん」というものだ。この他、「ずーんどぅーん、どっこ~どこ~」担当の人がいて、「どっこ~どこ~、どっこ~どこ~」担当の人がいて…という風に、4つか5つのパートに分かれてそれぞれが重なり合うようにリズムをたたいていくということの繰り返しだ。

4歳児はなんとなくマラカスを振って参加。その他、小学生低学年ぐらいのお姉ちゃんがいて、彼女はリピーターらしく、積極的に太鼓をたたいていて、筋があるようだった。

最初は数人だったのが、だんだん人数が増え、十数人になった。みんなでドラムをたたくと、迫力があって気分がいい。4歳児も結構その気になってマラカスを振っている。ジョンさんが髪の毛でジャンベをたたいたりするのもおもしろかったみたい。

…実は昔、バンドでドラムをたたいたこともあるこの私。今回のドラムはまた全く違うドラムだが、久々のセッションに血が騒いだ!

途中、参加者全員がソロでたたく場面もあった。「あんたヘタクソだからダメ!」みたいなことはもちろん言われないので、みんなそれぞれ上手に、あるいはそれなりに、好きなようにたたく。

この頃から隣の4歳児、コックリコックリしだす。ソロがひととおり回る頃には、私にもたれてすっかり寝てしまった。

こんなうるさいところで昼寝かい!と思わず寝顔に突っ込む。


そんなこんなで、残念ながら休憩の間にお店を去ることになった。でも、楽しかった!アンカレジって、こういうクールなイベントがあるからいいな。

d0143355_7231497.jpg

[PR]
by haishirokuma | 2010-11-17 07:53 | 小熊のAkko | Comments(2)

ミュージアムの夜



d0143355_6424075.jpg



仕事の後で閉館時間後のミュージアムに行ってきた。


昨年増改築されて新しくなったアンカレジミュージアム。スミソニアン博物館と協力して実現したネイティブアラスカンのコーナーもあるし、家族で楽しめるイマジナリウムという科学館みたいな部屋もある。アンカレジを訪れる観光客だけでなく、地元民にも人気のスポットだ。

新しくなってからは、ビッグネームの展覧会も見られるようになった。


今回のイベントは、11月5日から1月30日まで開催中のアンディウォーホル展も観覧可能というのがポイント。それも、午後6時からのイベントで、ミュージアム内のカフェMuseも評判のよいマルクスブラザーズのケータリングもあるという。


これは万難を排して参加せねばならない。


…と使命感に燃えて、行ってまいりました。


夜の博物館、何だか不思議な雰囲気で刺激的である。イマジナリウムで遊ぶ大人の姿がシュール(子供は来ないイベントだった)。展示物を一人占めにしているような、幸せな気分。

アンディウォーホルは初めて実物を見た。あのキャンベルスープの缶詰は今アンカレジにあります。

プラネタリウムも入ってみた。小学生の時によく行った、おじさんがマイクでぼそぼそと星座のことなんかを教えてくれたあのプラネタリウムとは全く別物だった。真ん中にあった「巨大な蟻」みたいな機械はもうなくて、小さな箱があるだけ。ドームに映し出される映像は、小学生のころとは比べ物にならないほど鮮明な色合いだった。演目は「ピンクフロイド」だったし…。


ワインを飲み、ゲージュツを鑑賞して、久々に大人の時間を楽しんだ。


Anchorage Museum
http://www.anchoragemuseum.org/index.aspx
[PR]
by haishirokuma | 2010-11-16 06:51 | 小熊のAkko | Comments(0)
アリューシャン列島にあるUnalaska(ダッチハーバー)でツアーを催行する会社を営むジェフさんより、彼が取材に協力した日本の番組の情報が届きましたので、お知らせいたします。

アラスカファンの皆様、自然や野生動物のファンの皆様、アリューシャンファンの皆様、ぜひチェックしてくださいねっ!


1. 「ダーウィンが来た!」

11月7日に既に放送があったそうですが、11月9日、11日に再放送があるようです。

2. 「ワンダーxワンダー」

11月13日。11月16日が再放送だそうです。

3. 「ワイルドライフ」

2011年2月に放送予定だそうです。


これを見てアリューシャン方面でシーカヤックツアー、野生動物観察ツアーに参加してみたくなった方は、お知らせください~。
[PR]
by haishirokuma | 2010-11-11 10:05 | 小熊のAkko | Comments(0)
…そうなんです。

11月7日、日曜日の真夜中に、Daylight Saving Time(いわゆる夏時間)が終りましたので、時計の針を1時間戻しました。

アラスカの夏はずうーーっと前に終わっているんですけどね…。


土曜日は友人宅で夜遅くまで飲んでいて、日曜の朝は寝過したにも関わらず、心の余裕がありました。

よかったよかった。

これで日本との時差はマイナス18時間となりました。


春になったら、また1時間早めないといけないので、その時は今回のツケを払うことになります。

d0143355_1754016.jpg


午後6時30分、家の前で。
[PR]
by haishirokuma | 2010-11-09 07:46 | 小熊のAkko | Comments(2)

雪の週末が明け…

週末は雪が断続的に降り続いた。アンカレジの街はすっかり雪景色だ。

d0143355_1714719.jpg


d0143355_1721966.jpg



今日は週明けの月曜。すっかり忘れていたけど、道路が混んでいることと言ったら!

d0143355_172569.jpg


アンカレジは道路に雪がある期間が半年以上あるにもかかわらず、(もちろん自分自身を含め)秋まではみんな雪のない道の運転にすっかり慣れてしまって雪道のことを忘れてしまう。毎年初めての雪の後は道路が混む混む!今朝、最初はニュースワードハイウェイを通ろうと思ったけれど、ハイウェイに入ったらかなり混雑しているので、次の出口で降り、Cストリートに入ったのが運のつき…。


今朝の通勤は、いつもの倍以上の時間がかかってしまった。まあ、無事でよかったですけど。
[PR]
by haishirokuma | 2010-11-09 06:04 | 小熊のAkko | Comments(2)

Happy Halloween!

d0143355_3304021.jpg


今朝、アンカレジは今年初めてのまとまった雪が降った。午前7時30分、外はまだまだ暗い。

とうとうやってきた…。

でも、気温が高いので、その後は雨になってしまった。次はいつ降るかな。

**

さて、10月31日の日曜日はハロウィーンだった。この日はさまざまな変装をした子供たちがご近所を「Trick or Treat(いいものくれなきゃ、いたずらするぞ!)」と言いながら回り、お菓子などのTreatをせしめる、という習わしがあり、これがまあひとつのメインイベントなのである。

変装は幽霊やドラキュラ、魔女などの怖い格好が定番なのだが、映画やテレビのキャラクターやその年に話題になった人物など、それぞれ趣向を凝らしてコスチュームを自作したりして、子供だけでなく大人も盛り上がるのである。

もともと面倒くさがりで、怖いのも甘すぎるのも、そしてお店の「とにかく買って買って買って~~!」ってな調子にも??な私としては、これまではなんとなく適当にお茶を濁してきた。

が、今年は子供もある程度大きくなったことだし、Trick or Treatingに行ってみるのもいいかな?と思っていたところに、友人からハロウィーンパーティのお誘い。部屋の中、それからご近所で、Trick or Treating !夕食はみなで持ち寄り!大人も子供も変装しないと参加できない!ってわけで、行ってまいりました。


集まった子供の数、16人。Treatの数も、16人分用意して持参。大人は、12~13人はいたかな?

d0143355_3432450.jpg



おいしいご飯を食べ、部屋の中のTrick or Treatingで子供たちにTreatを配った後は、ご近所訪問!特に、豪邸が集まる地域に行くといいものがたくさんもらえる、ということで、少し足をのばす。わざわざ遠くから車で来ていると思われる集団も!

滅多に見られないお家の内部を垣間見られるチャンスでもある。

d0143355_3492173.jpg


この辺、まるでお城みたいな家がたくさん並んでいる…。

d0143355_3534797.jpg


お家のデコレーションもかなり気合が入っている。音楽付きのところも。

d0143355_355931.jpg


留守の場合の対応、あるいは家にいながらにして子供たちの襲来をかわす方法としては、このように玄関の外にTreatを置いておくやり方もある。

もちろん、何もしないで出かける、あるいは電気を消して家の中で隠れる、というお家も少なくない。


さて、真っ暗な通りを歩き回ること約45分。北風が吹いて、気温はマイナス4、5度だったに違いない。せっかく変装していることだし、すぐに帰るつもりで厚着をしないで出かけたため、親子で骨の髄まで冷えた…。いつもなら雪があることも少なくない時期なので、その点は楽だったけど。

我が家の4歳児は、初Trick or Treatingで、かなり圧倒された様子。たくさんお菓子をもらって喜んでいたけれど、お菓子そのものにはそれほど執着している様子はない。時間とともにお菓子の存在そのものを忘れかけているようで、面白い。


なにはともあれ、今年のHalloweenも無事終わりました。今回は親が結構盛り上がり、すでに来年のコスチュームを入手したという友人の噂も…。私自身も変装がクセになりそうで、月に一度ぐらいはやってもいいかな?なんて思っている今日この頃である。


月一変装会、参加者募集中。
[PR]
by haishirokuma | 2010-11-03 04:08 | 小熊のAkko | Comments(0)