HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏至も過ぎて

d0143355_14582784.jpg


デナリに行ってから、もう1ヶ月以上も経ってしまったようです。

気がつけば、夏至も過ぎ、この後は日照時間がどんどん短くなって行くばかり…。



おっとっと、迂闊にも冒頭からこんな暗ーいお話で申し訳ありません。

夏至は過ぎましたが、まだまだ夜中も明るい日は続いており、アラスカの人々は夏を謳歌しておりますので、皆様ご安心ください。

夏と言えば、私の繁忙期。すっかりブログもご無沙汰してしまいました。


今日は手を抜いて、写真で6月のハイライトをお届けしたいと思います。

d0143355_1551769.jpg


今年もニニルチックのキングサーモン解禁に合わせて、釣りと貝掘りを兼ねたキャンプツアー決行。天気予報に反して、3日間とも気持ちのよい晴天。おかげで、この年になってこんがり日焼けしてしまいました。

d0143355_1565369.jpg


ホーマーでは、アジア系の人がある地域に密集し、釣りフィーバー。モン族と思われる人々はカレイだけを釣り、他は逃がす。コリアン系はスケトウダラもカレイもゲット。ジャパニーズ系は…我が家以外には見かけませんでした。みんなサーモンに興味が集中していたのでしょう。

d0143355_1595260.jpg


ホーマーのキャンプ場は昨年に続き、対岸の氷河の風景がすばらしいここ。若者がアイリッシュ風ミュージックを奏でておりました。

d0143355_1511774.jpg


キャンプ場には、砂浜に下りられるトレイルがあり、散歩が気持ちいいのです。

d0143355_1512596.jpg


翌朝もスピットへ。3歳児、釣り用の子供用ベストを着て、釣りに挑戦。

d0143355_15125586.jpg


そこへラッコもやってきて。



d0143355_15161215.jpg



その後、この時釣れた魚と同じ魚を、ファーマーズマーケットで見かけました。Tシャツの模様になっていました。


Alaskan summer is short.

そして、

Life is short.

今を楽しみたいものです。やりたいと思ったことをやらずに後悔するより、まずやってみよう!と思う、今日この頃です。


この犬も私と同じ気分だったのかもしれません。

d0143355_15195372.jpg



ではでは続きはまた今度。
[PR]
by haishirokuma | 2010-06-30 15:17 | 小熊のAkko | Comments(2)

デナリ国立公園へ

こんばんは。

このところ、信じられないほどいいお天気の日がずっと続いています。気温も連日25度ぐらいまで上がっており、5月なのにこんなんでいいのか?!と先行きが不安になるほどです。

そんな中、本当に久しぶりにデナリ国立公園へ行ってきました!

毎日毎日、仕事で「デナリ公園」という言葉に接しない日はない毎日にも関わらず、アンカレジから車で最低4時間はかかることや、子供が小さいことなどがあり、ここしばらく行っていなかったのです。

今回は友人親子と私と娘で、視察と家族サービスを兼ねて?出かけてきました。

まずはタルキートナジャンクションの手前にお住まいの、犬ぞりマッシャー今野さんちで休憩。こちらも久しぶりの再会。現在キャビン建設中。わんこたちも元気に出迎えてくれました。

d0143355_14161395.jpg


犬と今野さんに挨拶して、引き続き北へ。



ところで、さっきからずっと気になってたんだけど、この山。

d0143355_14201678.jpg


もちろん、マッキンリーです。ここまではっきりくっきり見えるのも、そんなにないんじゃない?っていうほどの姿です。

d0143355_14292127.jpg


途中、マッキンリーを真正面に見ながら食事ができる、Mary's McKinley View Lodgeでもさらに休憩。おいしいブルーベリーパイをいただいて、マッキンリービューポイントへ。

ここからの眺めはこんな感じ…。

d0143355_14213344.jpg


大人はこれで感動できるんですが、子供にとっちゃあマッキンリーだろうが裏山だろうがあまり関係ない。

そこで、トリイダシマシタル秘密兵器。

d0143355_14225422.jpg


広々と開けた原野、低木などの紅葉でも有名な、Broad Passでハイウェイ脇に車を停めて、シャボン玉。子供たちは、景色よりもこれなんだなあ。



この日は予想を大幅に上回る8時間でやっとデナリに到着。初日の宿はMcKinley Chalet。林の中に点在するロッジのお部屋、木漏れびが心地よい。

夕食はバイキングにして、早々にお部屋へ。



翌日の朝食はまたもやバイキング(いつもお腹がすいていてとにかく食べるので、食事の写真を撮り忘れる私)。子連れだと、バイキングが手っ取り早く、親子で好きなものが食べられていいんですよ。待たなくていいし。

この日はまず、ライリークリークへ。こちらは売店の他、コインランドリー、シャワーなどがあり、キャンプ場を利用する人には重要な施設です。

小さいお見せながら、キャンプ用品など、結構何でも売ってます。お酒も買えますよ。

d0143355_14384149.jpg


d0143355_14405217.jpg


この後は、いよいよ国立公園内へ。本当はバスツアーなどに参加して、景色や動物観察を楽しみたいところですが、3歳児の忍耐力の限界もあり、自家用車で行ける一番奥、サベージリバーまで行って、ちょっとハイキング。

それでも、いろいろな動物をみることができました。

うさぎ。

d0143355_14443763.jpg


雷鳥。冬の羽根から夏の羽根に生え変わっています。

d0143355_14471314.jpg


ムースの親子。

d0143355_14475893.jpg


そして、気になっていたこの足跡。

d0143355_14483949.jpg


やっぱりこれでした!

d0143355_14491530.jpg


ちょっと小さいですが、遠くに茶色い塊が2つあるのが見えるでしょうか?そうです、グリズリーです。この後、トレイルにどんどん近づいてくるというので、パークレンジャーが様子を見に来たりして、やや緊迫した空気が。娘は結構コワかった様子。



歩いて少し疲れたし、お腹も減ったので、公園入り口に戻り、ビジターセンター近くのカフェで休憩。

ここでもこんな動物発見。こっちはずいぶん人慣れしています。

d0143355_14513251.jpg


カフェではおいしいパニーニをお腹いっぱい食べました。街にあってもおかしくない、おしゃれなカフェです。

d0143355_14554720.jpg


ビジターセンターでは子供たちも映画や展示を楽しめます。

d0143355_1457127.jpg


この後、子供たちは車に乗ったとたん爆睡。その間に、大人は景色を楽しんでドライブ、そして、ホテルの挨拶回り。昼寝のおかげで、はかどりました。

夕食は巨大なステーキ。500グラムぐらいは食べたんじゃないだろうか?やわらかくて、お腹にももたれず、気づいたら完食していました…。子供たちはホットドッグ。「今日何が楽しかった?」と寝る前にホテルの部屋で聞いたら、「ホットドッグ」だって…。リスはどうした?ウサギはどうした??そして熊はどうしたっ?!

…ま、それはさておき。



2日目の宿はGrande Denaliという、デナリ公園入り口で一番高いところにあるホテル。どんな眺めを楽しんだかは、次回に乞うご期待!
[PR]
by haishirokuma | 2010-06-01 15:02 | 小熊のAkko | Comments(4)