HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

おいしい季節

とうとうやってきました、狩猟採集の季節。

いや、狩猟は特に行わないんですが、採集に関しては幼少の頃よりツクシ採りやアサリ掘りなどで鍛えたこの私。毎年気合いが入ります。

ということで、最近はヒマを見つけては近所のトレイルに繰り出す日々です。

主な目当てはこれ。

d0143355_1536134.jpg


去年もブログで取り上げましたが、Devil's club、ハリブキです。この芽がタラの芽に似ているので、こちらのジャパニーズコミュニティでは大人気。トレイルを歩くと、けっこう頻繁に生えています。朝鮮人参の近縁種らしく、アラスカネイティブの人々も野菜や薬として採集するとか。何でも、糖尿病や各種の腫瘍に効くらしいです。

詳しくはこちら。

http://en.wikipedia.org/wiki/Devil's_Club

今年の我が家のタラの芽初採集は、スワードハイウェイを少し南下したトレイルにて。5月9日でした。

タラの芽を探しつつ、景色ももちろん楽しみます。

d0143355_1545249.jpg


d0143355_15435094.jpg


気持ちのいい晴天で、海からの風が冬の間に体と心につもったホコリを洗い落としてくれるようです。

夕食は当然、こうなります。

d0143355_15413115.jpg


同じくアラスカではあちこちに生えているヤナギランの新芽、アラスカ産タラとともに、天ぷらに。

あああ、旬の味覚って、いいですねえ…。


この週末は、他にも図書館の隣の公園で子供向けイベントがあり、のんびりと散歩がてら出かけました。

恐竜も散歩中。

d0143355_1549196.jpg


石ころに色を塗って。

d0143355_15492446.jpg


他にも、コンポストの展示なんかもあって、楽しみながら新しい事を学ぶこともできました。


さて、採集活動の次は、いよいよ漁労活動。我が家の食卓に、今年最初の冷凍物ではない魚が上る日はいつか?!

乞うご期待!
[PR]
by haishirokuma | 2010-05-18 15:59 | 小熊のAkko | Comments(2)

ご無沙汰している間に

こんばんは。

最近ばたばたしてご無沙汰していました(言い訳です…)。コメントをいただいていたのに、お返事もせず失礼しました。いつも見に来てくださって、本当にありがとうございます。

気がつけば5月。4月は全体にどんよりした日が多く、雪も時々降ったのですが、5月に入ったとたん、すっきり青空になり、本当に春、いや、夏が来たような陽気です。

今朝の気温、華氏53度、摂氏12度。お昼はもっと上がったので、ひゃっほーい!と叫びたくなる気温です。どうりで、半袖、短パンの人が多いわけだ…。上半身裸の子供もいる。

体温が違うんだよなあ。私はまだ長袖にフリース着てるもん。

この間の風景の移り変わりはめまぐるしいものがあります。下の写真は、4月24日のアンカレジ市内の様子。

d0143355_15331939.jpg


Westchester Lagoonに張っていた氷がかなり融けています。

スシトナ山を遠景に、泥砂の浜。

d0143355_15352535.jpg


ご近所のトレイルでは、ハリブキの芽が少しずつ膨らみ始めました。

d0143355_15381714.jpg


4月29日の朝散歩に行ったCampbell Creekでは、木々の間に朝の光がまぶしかった。小川を覆っていた氷ははすっかり融け、勢いよく水が流れていました。

d0143355_15384072.jpg


先週土曜日には、ボス宅のお庭の雪も、すっかり融けていました。子供はシャボン玉遊びや何やら不思議な遊びに興じています。まだ風は冷たいので、暖かい格好をして。

d0143355_15421592.jpg


今日Potter Marshに行ってみたら、湿原も春らしくなっていました。

d0143355_15442360.jpg


Muskratという生き物を、初めて見ました。マスクラットはじゃこうネズミとでも言えばいいでしょうか、小型のビーバーみたいな感じで、草の根っこを食べていました。

d0143355_15461335.jpg


遊歩道からこの動物を眺めていた人が、「ビーバーかな?」なんて言っている私たちに、「あれはマスクラットと言うの。私もこんなに近くでみたのは初めて。私のおじいちゃんおばあちゃんはあれを食べていたみたいだけど、私は食べれるかわからない」と話してくれました。

アラスカ鉄道スワード線は、夏に備えて枕木を入れ替えるのでしょうか、四角い木の棒の束が線路脇に摘んでありました。

d0143355_1550447.jpg


このブログを書いている今、午後10時52分。外はまだうっすらと明るいです。何かの鳥が、ピピーピピーと鳴いています。

いよいよ、アラスカの生命が激しく動き出す時です。
[PR]
by haishirokuma | 2010-05-04 15:54 | 小熊のAkko | Comments(6)