HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

きつね

d0143355_085525.jpg


小川で遊んでいたら、ガレ場の上の方にとことことやってきて、とことこと歩いて去って行きました。

Hatcher Passにて。
[PR]
by haishirokuma | 2009-09-26 00:10 | 小熊のAkko | Comments(2)

不思議なテントウムシ?

d0143355_3485774.jpg


初めてみました、こんなの。Hatcher Passにて。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、名前を教えてください。
[PR]
by haishirokuma | 2009-09-25 03:53 | 小熊のAkko | Comments(3)
って、前編があったわけではないんですが…。


9月前半のしろくまは、おかげさまで忙しい毎日が続きました。少しずつ寒くはなりますが、日が短くなるので、8月下旬から9月中旬まではアンカレジで氷河クルーズ、アラスカ鉄道乗車、デナリ公園でバスツアー、フェアバンクスでオーロラ観測、というもりだくさんプランも可能なんです。

そのにぎわいも今週はひと段落。デナリ公園は9月20日までにはホテルもみな営業終了、アラスカ鉄道は9月13日で毎日の運行は終了し、今は土曜日アンカレジ~フェアバンクス1便、日曜日フェアバンクス~アンカレジ1便の冬のダイヤになっています。

オーロラはもちろんこれからが本番です。オーロラ観測だけに集中したい!という方には、まだそれほど寒くない今はいい時期です。

***

さて、我が家の週末はこの間どうだったかといいますと。


9月最初の週末、アンカレジWestchester Ragoonでのボート乗り。2歳児2名の乗客とともに、池をプカプカ。

d0143355_435518.jpg




同じ週末、ファーマーズマーケットで。ひまわりがニコニコ。巨大ズッキーニがゴロゴロ。

d0143355_444583.jpg


d0143355_4518.jpg



3週目の週末は、ちょっと遠出してHatcher Passへ。ブルーベリーはちょっと歩いていける範囲にはもう残っていなかったけれど、秋の高原の風景をのんびり楽しむことができました。命の洗濯。

d0143355_4103976.jpg


d0143355_475566.jpg


d0143355_482597.jpg


d0143355_49559.jpg


この日はキツネも不思議なテントウムシ?も見たのだけど、写真のサイズを変更して別にアップしますね。



この週は、うれしい再会もありました。もと同僚の友人夫婦が日本から新婚旅行で遊びに来てくれました。

そういうことでもないとやらないと思われるアトラクションも…。

d0143355_4115379.jpg


アンカレジのダウンタウンをぐるっとまわる馬車です。夏は毎晩、冬でも週末の夜に乗ることができます。

このときは馬車2台が前後して走ったのですが、なんと前の馬車の男性が女性にプロポーズ!女性の答えは無事Yesだったようで、歴史的瞬間?に居合わせた私たちも幸せな気分になりましたよ。

***

そんなこんなで、もりだくさんの9月も間もなく終了しようとしております。
[PR]
by haishirokuma | 2009-09-24 04:14 | 小熊のAkko | Comments(4)

とうとう…

d0143355_385765.jpg


9月22日、アンカレジ南部にて、午前8時30分の光景。山の上に見えるものは…。
[PR]
by haishirokuma | 2009-09-24 03:10 | 小熊のAkko | Comments(2)
いよいよ明日から9月だ。このところ比も短くなり、午後10時を過ぎると真っ暗に近くなる。このところお天気もすっきりしない日が続き一雨ごとに秋の気配が強まっていく。

そんな中、久々に週末お天気となった。

じゃ、でかけるか!

…というわけで、今回は近場を攻めてみました。



先日友人からゴムボートをもらったので、この試乗も兼ね、テキトウな池があって、トレイルもあって、景色がよくて、人があまりいないところ、ということで、目的地は車で約1時間のポーテージに決定。玄米ご飯にアラスカの塩鮭を入れたおにぎりを1人3個ずつ作り、コーヒーを保温マグに入れて出発!

思った通り、このデイユースエリア(日帰り専用の駐車場やトイレがあるエリア)には他に人はおらず、大人2名と子供1名のなんちゃってボート遊びも人目を気にせず楽しめた。

d0143355_1557310.jpg


もちろん、青空の下で食べるおにぎりはうまかった。

ボート遊びのあとはトレイルを散歩。すぐ近くのExplorer Glacierが映る湖まで歩いた。

d0143355_15593724.jpg


道ばたにはキノコやら地衣類やらが日だまりでキラキラ光っている。

d0143355_1622137.jpg


散歩終了。時刻は午後3時20分、お日様はまだ元気だ。今なら、ウィッティア行きのトンネルの3時30分のオープニングに間に合う!



…というわけで、トンネルの料金所へ。このトンネルはアラスカ鉄道と時間交替制で通行するもの。1時間に1回、両方向から交互に車が通行できる。プリンスウィリアム湾の氷河クルーズに参加するときには必ず通るので、けっこう有名かもしれない。

d0143355_167062.jpg


トンネルを抜けると、そこはウィッティア。一軒家はなく、人口200名程度が2つの集合住宅にのみ住んでいるという、不思議な町。集合住宅の中に市役所、学校、映画館、刑務所などがあるらしい。昔軍隊が使っていたビルは廃墟となって、大きな骸骨のようにたたずんでいる。キモダメシには最適だろう。



さて、今回の目的は「サーモン」だったので、クルーズ船が着く港ではなく、小さな入り江を目指す。

d0143355_1610976.jpg


静かなプリンスウィリアム湾を、静かに眺められる場所。時期によっては、この眺めを独り占めできるかもしれない。ウィッティアには何度も来たことがあったのに、こっちの方面には一度も来たことがなかったのが不思議だ。

海に流れ込む小川には、海から戻ってきたピンクサーモンが数十匹遡上している。

その小川の流れの中に、ついさっきまで泳いでいたかのようなきれいなサーモンが1匹、静かに身を横たえていた。

d0143355_16115313.jpg


この日は結局釣りはせず、またトンネルを通って、アンカレジへの帰途についた。
[PR]
by haishirokuma | 2009-09-01 16:21 | 小熊のAkko | Comments(4)