HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

何のことかと言うと、400メートルの楕円型スケートリンク。そんなに珍しいのか、とちょっと意外な感じ。Loussac Libraryの近くに今年の夏にできたCuddy Family Midtown Parkにある屋外のリンクで、先週の火曜日にオープニングセレモニーが行われた。

気温はこのところマイナス10度前後のことが多く、市内にいくつかある湖の氷もどんどん厚みを増している。

凍った湖の表面を市がスケート用に定期的に整備しているところが今までも数カ所あった。ダウンタウンからも近い、Westchester Lagoonは中でも有名。ここは、一生で3回しかスケートをしたことがないこの私でさえ滑ったことがあるリンクだ(ちなみに最初は三好スケートリンク)。Westchester Lagoonは冬の間、毎週土曜日にはリンク脇で火が焚かれ、無料ココアのサービスがあったり、簡易ラジオ局(それともただのDJブースだったかな?)があったりするが、貸しスケート靴、なんていうのはない。

老若男女、ただ滑ったり、ホッケーの練習をしたり、はたまたスケート靴さえはかずにただ歩いたり、ベビーカーを押して散歩したり、何でもありの気楽なスケートだ。でも、3、4歳の子供がすいすい滑っている横でいい年の大人がヨタヨタ、ドタドタとつまずいたり転んだりしている様はあまり見られたものではない。

今年は久々に行ってみようかな、という気になっている。

ちなみに、「天然」にこだわらなければ、年末にはアンカレジのダウンタウンのど真ん中にもスケートリンクが出現する。ミッドタウンには安い中古のスケート靴を売っている店もあるので、オーロラを見た帰りに一滑り、っていうのも可?!

d0143355_4181186.jpg


こちらはアンカレジ最大のモール、ダイモンドセンターの屋内スケートリンク。そうそう、来年はアラスカがアメリカ合衆国49番目の州になって50年の記念すべき年なんですね。
[PR]
by haishirokuma | 2008-11-25 16:15 | 小熊のAkko | Comments(0)

冬の遊び

近頃のアンカレジの日照時間、およそ7時間。朝起きても暗いので、下手すると二度寝してしまう。ちなみに、本日は日の出が午前9時12分、日の入りが午後4時15分。人間も熊も冬眠の季節だ。

冬眠と言えば、先日ラジオの動物番組で聞いたのだが、熊の心拍数は冬眠の間1秒間に3回まで下がるそうだ。そして、半年間、飲まず食わずの上、排泄もしないのだという。冬眠中でもアウトハウスぐらいは行くのかな、と思っていたのだが、そうではないらしい。



さて、そんな冬の週末の遊びのひとつをご紹介しましょう。

土曜の午後はマイナス4、5度と暖かかったので、今シーズン初のソリ遊びにも出かけた。住宅街の道はほとんど除雪はしてあるが、雪が踏み固められた状態で残っているので、ソリがすいすい滑る。ベビーカーよりも楽である。

「ソリ遊び」というより、「お散歩ソリ版」かな。

d0143355_15121616.jpg

[PR]
by haishirokuma | 2008-11-18 15:28 | 小熊のAkko | Comments(2)
明日は11月11日(日本時間12日)。

アメリカおよびアラスカ州の公式の休日Veteran's Dayのため、しろくまオフィスはお休みです。

戦争に行った人たち、戦争で亡くなった人たちに思いをはせる。


それから何をしましょう。
…公園の丘でそり遊び?
…山の方のトレイルに行ってスノーシュー?
…コーヒーを持って、アンカレジ市内が一望できる場所までドライブして夕焼けでも見る?


はたまた
…新聞でイベントを探して出かけるか?
…こないだ初めて作った手打ちうどんに再挑戦する?


休みが明けたら、冬のツアーシーズンに本格的に突入です!
[PR]
by haishirokuma | 2008-11-11 06:48 | 小熊のAkko | Comments(0)

夏の終わり?その2

前回の続き。

Daylight Saving Timeが終わるとなぜ心臓発作が5%減るのか?正確には、Daylight Saving Timeが終わった日になぜ心臓発作が減るのか?

どうやら、睡眠時間が1時間増えるから、というのが理由だそうだ。スウェーデン人の医師のチームの研究結果。同様に、Daylight Saving Timeが始まる日は睡眠時間が1時間減るので、心臓発作が増えるという話。

話は少しそれてしまうが、夏の間はアンカレジでさえ夜中でも真っ暗にならないので、仕事から帰り、夕食後にハイキングにでかけたりするのもよくあること。短い夏を謳歌したくてとにかく忙しく過ごす。ただ、やることがありすぎて寝る時間が少なくなるだけではなく、明るくて寝たくても寝られない人も多いらしく、窓に目張りしているのを夏はよく見かける。

逆に、冬は冬で暗いので季節的な鬱病になってしまう人も。極地ではいろいろなことが極限に達してしまうのだ。

それでも、何万年も前からこの不毛にも見える地にも人間の生活があった。

冬のアラスカの美しさは何物にも変えがたいという人がたくさんいる。アンカレジから見える山並も、天気や時刻によってえも言われぬ色合いを見せる。もちろん、アラスカの短い夏は動物たち、植物たち、全ての生き物の命の輝きであふれかえる。

地球にはたくさんのいろいろな場所があって、たくさんのいろいろな人が毎日自分の場所で自分の人生を生きているんだなあ、と、当たり前のことに素朴に感動してしまう。

d0143355_1439713.jpg


話が大きくなってしまった。

とにかく、毎日を大切に過ごしたいと思う今日この頃である。
[PR]
by haishirokuma | 2008-11-06 07:05 | 小熊のAkko | Comments(0)

夏の終わり?

今週末は夏が終わったので1時間長く寝ることができた。

正確には、「11月の最初の日曜日であった11月2日午前2時に、時計の針を1時間戻して午前1時となってDaylight Saving Timeが終了したので、1時間長く寝ることができた」。

Daylight Saving Timeが始まるのは3月の第2日曜日で、午前2時に時計の針を1時間進めて午前3時とする。

目的は

・明るい時間を有効に使えるので照明などの石油消費の節約になる。また企業の経費削減にもなる。
・日照を利用した余暇の充実。
・交通事故や犯罪発生率の低下。

(Wikipediaによる)

なのだそうだが、特に交通事故や犯罪率低下についてはどの程度の効果があるか定かではないとか。アメリカではアリゾナ、ハワイを除くすべての州で採用されている。日本も昔はあったんでしたっけ。

しかし、先日気になる記事をAnchorage Daily Newsに発見。なんと、夏時間が終わると心臓発作の発生数が5%減るという研究結果が発表されたそうな。理由は…




理由が書いてあるところに行くまでに記事を読むことを中断してしまったので、次回アップをご期待(?)ください。私個人的には、1時間とは言え、時間を無理やり変えるのは体に優しくないような気がして、夏時間のない日本が懐かしい。
[PR]
by haishirokuma | 2008-11-04 07:43 | 小熊のAkko | Comments(0)