HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d0143355_158934.jpg

こんにちは。小熊のNamiです。


Akkoさんも驚いていますが、この一週間、アンカレジにはまた雪が降り出しています。
ちょっと前までは、お日様ポカポカの春っぽい天気だったんですよ。それなのにまた寒くなり、今日なんか吹雪です。
真っ白です。


TVのアラスカお天気ニュースで言っていました。
「緊急ニュースです。
今年は春がキャンセルになりました。



もちろん冗談です。
アラスカンジョークです。


でも、ある意味納得!?
春がもうすぐ来ると思っていたのに、また冬に逆戻りするの?

アラスカに住んでいると、驚きがたくさんあります。



だけど考えてみれば、アラスカに引越してくる2年前までだったら、4月中旬にアラスカで雪が降ってると聞いたところで、逆に驚かなかったかもしれません。

アラスカって、1年中氷と雪に閉ざされた寒い所だと思っていましたから。


アラスカに夏があるなんて、知らなかったヨ!


アメリカの他の州に長年住んでいても、アラスカの事ってあまり知り得ないです。その想像も出来なかったです。
周りの他のアメリカ人に聞いてみても、私と似たような知識でした。
実際にアラスカに住んで、色々とびっくりしています。



雪景色も綺麗だけど、そろそろキャンプにも行きたい。
なんなら春を飛び越して、すぐ夏でもいい。

6ヶ月も雪を見続けていると、暖かい景色が恋しくなってくるのも仕方ないものです。
もう4月なんだから。
キャンプ三昧の夏は近いはず!
[PR]
by haishirokuma | 2008-04-16 16:18 | Comments(0)

イルカもびっくり。

ご無沙汰しています。小熊のAkkoです。

先月末、約3週間の日本滞在を終えて帰って来た。アンカレジについた時は、空気こそ日本に比べてぴりっとしていたものの、さすがのアラスカももう春だと思った。雪はほとんど融け、手袋も帽子もなしで散歩できて、夜8時でもかなり明るい。いつの間にか、夏時間になってもいた。そろそろスパイクタイヤをはずそうと思っていた。



ところが。

d0143355_1523780.jpg


週末から断続的にかなりの量の雪が降った。思わず、「なごーりーゆきーもー、ふるーときーをしーりー」と口ずさんでしまった。

…っていうか、降る時をもうちょっと考えてくれてもいいと思った。こっちは春が待ち遠しくて仕方ないのに。



もう雪はいいよおぉぉ…。勘弁してくれぇぇぃ…。



…と言いつつ、しまってあったソリを出して、娘を乗せて遊んだんですけどね。

d0143355_15115084.jpg


児童労働などもさせてみたりして。



4月でも侮るなかれ、アラスカ。
[PR]
by haishirokuma | 2008-04-10 15:18 | 小熊のAkko | Comments(0)
まあきんれー、ハンダーにフォレカー。

つまりアンカレジ側から見ると右からマッキンリー山、ハンター山、フォレカー山ということ。オヤジはこうやって山の名前を暗記するのだ(そういうオヤジは今Nick 18 とかCook 81とかバイリンダジャレにこっている。いくらはいくらですか?=How much is Ikura?=Hamachi is Ikura=はまちはいくらですか?答え:いいえ違います。とか。それはさておきマッキンリーだ。)

d0143355_16274385.jpg


場所はタルキートナの東にスキーを着けた小型飛行機で約15分飛んだところに位置するカリブーロッジ。ここではマッキンリーにたなびくオーロラというレアな景色が見れる人里離れたアラスカのもっと人里離れた山奥の一軒家だ。

この写真はそのカリブーロッジからスノーシューをはいて散歩している時の昼間の風景。昼は晴れると暖かいので、雲がたなびく。左端の半分切れているフォレカーが高く見えるのはこちら側にあって距離が近いから。

青空に雲が手を振るマッキンリー〔季語はどこだ?きっとマッキンリーだな〕



d0143355_16301593.jpg


日没後は雲が次第に少なくなる。そう、これは上の写真と同じ日に撮ったもの。

はにかんで山も衣も朱に染まり〔季語はどこだ?〕



d0143355_16384819.jpg


山は日の出前から輝きはじめる。         

雲は全くない。 



朝陽浴び山決然と立ち昇る 〔季語はどこだ?〕








そして


昼間は背景だった空が、夜になるとオーロラがフラッシュ現象を起こして怪しく輝き、昼間は主役だったマッキンリー山、ハンター山、フォレカー山が背景となり雰囲気をかもし出す(その写真はフィルムなのでまだ現像できていません)。

昇竜のオーロラ延びよマッキンリー〔やっと季語=オーロラが出た。なのに写真はどこだ?〕






タルキートナ周辺では晴れていさえすればこのような風景が普通に見れる。ただし雪焼けで顔は真っ黒になるのでご注意。




マッキンリ ハンター フォレカ タルキトナ 〔575なだけぢゃないか〕

でもこれは

まあきれい あんたにほれた タルキトナ とすると川柳になる?いや演歌の歌詞かな・・・。


お後がよろしいようで・・・・・。

しろくま川柳でした。 
[PR]
by haishirokuma | 2008-04-02 17:17 | Comments(2)