HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アラスカの常識

d0143355_15212182.jpg


こんにちは。

小熊たちの親代わり、ボス熊の(ま)です。

この夏でアラスカ在住26年になると思います(生まれてすぐにアラスカに来ました・・・。本当は私はうそつきではありません)。

最近の私の主な仕事は、小熊たちの職場の環境設定です。仕事がしやすくなるための準備や掃除や電気工事など。

小熊たちのいれてくれるおいしいお茶やコーヒーを楽しみに職場に通っています。



趣味は「無駄話」

特にアラスカのことや武術の話。

柔道の得意技は「泣き落とし」と「口車」だぁぁ!!とか。

うっかり語らせたら最後、もう止まりません。

ちなみにお昼過ぎにオフィスを訪問して下さったお客様と午前2時まで話してしまったこともあります。お客様、あのときはもうしわけなかったです。

そのような目に会いたくなかったら決して話しかけないことですぞ・・・・。




といっているのに小熊たちは、「アラスカの常識」について話せという・・・・・。




アラスカの常識って何だ、と聞くと、



「雪は結晶のまま降ってくる」とか、

「屋外で金属に唇をつけるな」とか

「雪の降る日よりも晴れている日のほうがずっと寒い」とか

もうあったり前のことばかり。




そんなのユニバーサル(世界的)常識だって。




気温の低いアラスカだからこそっていうのは、例えば



「雪が結晶のまま降り積もる(写真)」ってコトとか、

「コップのお湯を一気に空中に放り投げると昇華して気体になる」とか

「マイナス40度だとバナナで釘が打て、マイナス20度だと釘は半分までなら打てる」とか(最後の半分は半分冗談かも。是非アラスカに来て試してみてください)。





そんな常識的なことはさておき(もう充分話した?)。

今回は取って置きの秘密を教えちゃいましょう。


まず、「皸(あかぎれ)の秘薬は瞬間接着剤」って話。

日本でも液体絆創膏というセメダインのようなものを売っていますけど、瞬間接着剤の効き目はすごいです。

もちろん人体に悪い毒物が入っているかどうかは全く知りません。きっと人体に入る前に乾燥してしまうので大丈夫と思って愛用しています。傷口を指で閉じてから塗りますとより効果的だし沁みないです。

裏わざ紹介のコーナーではありません。



あと、寒くて手が悴(かじか)んだときに、口に当てて「はぁーっ」とやるの。あれは湿度が高まるので逆効果と思います。

日本は最近寒いと聞いていますので、これは知っておくと便利かも。

私の経験では自分で自分の首を絞めるように手を首の付け根に当てる方法です。これが寒い屋外で手を温める最も効果的な方法。

もちろん他人の首のほうが自分の熱が奪われないのでもっと効果的でしょうし、セクシー美人の首なら情熱も加わってもっと効果的と思いますが、セクハラとか殺人未遂などの疑いをかけられたくないのでやめたほうが良いと思います。

これもまあ経験して学んだことで・・・・。




そのほか「効率的な雪かきの方法」や、

「氷の上で車を滑らせて運転する方法」や、

「各種雪だるまの作り方」

とか、役に立つことも立たない事(歳を取ると特に)も、話せばきりがないのですが・・・・、

どうやら今回はこの辺でお後がよろしいようで。

てけてんてんてん・・・・っどどん。
[PR]
by haishirokuma | 2008-01-29 16:18 | Comments(0)
はじめまして。
アラスカ2年目の新人、押しかけスタッフ小熊のNamiです。
アラスカ大好き、アウトドア大好き、みなさんにアラスカの魅力を少しでもお伝え出来れば、と思っています。どうぞよろしくお願いします。
d0143355_185571.jpg

今週末、アンカレジから車で約3時間の所にあるスワードという町で、「ポーラーベア ジャンプ オフ フェスティバル」が開催されています。
このお祭りのメインは、「仮装してアラスカの海に飛び込む」イベントです。

ポーラーベア ジャンプ オフ フェスティバル
日本語にすれば、「しろくま 飛び込め祭」でしょうか。
最近しろくまに飛び込んできた私としては、これは行かないわけにはいきません。昨夜から泊りがけで張り切って見に行ってきました。


ちなみにこのスワードという町、HAI しろくまツアーズで紹介している、「キナイ フィヨルド国立公園クルーズ 」やシーカヤックのツアー、ハリバットフィッシングのツアーのボートが出航する港でもあります。



海に飛び込むイベントの方は、今日(1月19日土曜日)のお昼過ぎから行われました。

アラスカの、冬の海に飛び込むんですよ。
気温はマイナス4℃。海の方は、こんな事になっています。
d0143355_18244345.jpg

後ろの、ヨットが置いてある海を見て下さい。

凍ってます。
さすがに飛び込む所だけは氷を取り除いてありますが、それでも流氷が流れてきます。

見ているだけで、非常に寒い!
ここに飛び込むんですから、相当の度胸が要るはずです。

ちなみに私の服装ですが、タイツの上にジーンズ、そしてスノーパンツとダウンジャケット、厚手のソックスにスノーブーツ、頭にはニット帽というような完全防寒でした。それでも1時間もその場に立っていたのですから、寒かったです。
こんな風でしたから、仮装の薄着で飛び込む順番を待っていた人達は、どんなに寒かっただろうかとビビります。


そしてこのお祭り、誰もが自由に飛び込めるわけではないんです。
これは癌患者へのチャリティーのために行われているのです。寄付金を集めた人だけに、飛び込む資格が与えられるのです。今年も、何百万円も寄付金を集めて飛び込んだ人がたくさんいました。今年の出場者は、100人を越えたそうです。
d0143355_18433714.jpg

飛び込む人はこのように、赤い台の上から思い切って海にジャンプ!
海の中には安全のため、ちゃんとダイバーが待機してヘルプしてくれます。

シュレックのフィオナ
d0143355_18455622.jpg

自由の女神
d0143355_18463337.jpg

アイルランドのおじさん
d0143355_18472959.jpg

おじさん人魚?
d0143355_18481088.jpg


少しでも楽しそうな雰囲気が分かってもらえましたか?
実際、とっても楽しいお祭りです。

アナウンスしている人の冗談に、会場は大盛り上がり。知らない人同士がおしゃべりしながら、楽しく笑い心温まる。寒~い冬のアラスカには、そんなお祭りがあるのです。
[PR]
by haishirokuma | 2008-01-20 19:08 | Comments(0)

冬の散歩

初めまして。小熊Akkoです。アンカレッジに来て4回目の冬を楽しく過ごしています。これからボス熊Masaさん、小熊Namiさんと交代でブログを書いていきますので、よろしくお願いしますー。

さて、我が家には2006年にアラスカで生まれた娘がおります。ちょっと前からとことこ歩くようになり、手をつないでいなくてもかなり歩けるようになってきました。そうなると外に連れ出してあちこち歩いてみたいもの。でも、冬のアンカレッジでは冬に楽しく散歩するには少しばかりテクニック(?)が必要。

雪の上を歩くのって楽しいですよね。天気がよくて、それほど気温が低くない日(まあマイナス10度ぐらいまでかな?!)は、ズボン二重履き・上着重ね着・ブーツで外に連れ出し歩かせる。子供は風の子、多少寒くても薄着でも大丈夫、いい運動になります。10分ぐらい家の周辺を歩かせて終了。帰ってきて服を脱がせると体はほかほか、目がとろーんとなっている。ベッドへ直行して昼寝。

では、天気が悪くて寒い日はどうするか。「モールウォーク」に出かけます。お店がたくさん集まった大きなモールは、通路ももちろん暖房が効いているので、モールに車で出かけ、モール内を大人も子供もひたすら歩く。モールじゃなくても、買い物ついでに近所のスーパーでもよい。たいていこっちのスーパーは大きくて、食料品から衣類、電化製品、家具、アウトドア用品、はたまた銃(!)まであるぐらいだから、かなりたくさん歩けます。娘の冒険につきあい、冷蔵庫をのぞく、風船を見せろと騒ぐ、野菜をぽんぽんたたく、などを繰り返しつつ、何とか買い物終了。途中で「だっこー」となったらカートに乗せてすいすいすい。帰りの車ではカーシートで熟睡…。

日本でも雪の多い地方はこんな感じで冬を乗り切るのでしょうか。

そんなこんなで楽しい冬のアンカレッジですが、やっぱり春が待ち遠しいよお…。

現在の我が家の庭の状況。庭の真ん中のコンポストが雪に埋もれちゃってます。最近生ゴミを入れにいってないし、微生物君たちどうしてるだろ…?

d0143355_451215.jpg


ここ2、3日降り続いた雪もおさまり、今日はいい日になりそうです。
[PR]
by haishirokuma | 2008-01-13 04:58 | 小熊のAkko | Comments(0)