HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

我が家の釣り 2016秋ー by Aya

8月中旬から紅鮭釣りで有名なスポット、ラシアンリバーでもシルバーサーモン(銀鮭)が釣れ出します。
遡上数は、とても少ないのですが、偏光サングラスをかけ、よーく水中に目を凝らすと婚姻色で真っ赤になった紅鮭の群れに混じって、一際大きなシルバーサーモンが悠々と遡上するのが見えます。

小雨が降ったり、風があって水面が少しでも波立っているととても見つけにくく、その姿を見つけるだけでもまるで宝探しの様です。
そして、その口にしっかりと毛針をかけるのは、これまた至難の技。
私はまだまだ修行が足りず、せいぜい体やヒレにひっかけるのが関の山で、あっという間に外れてしまいます。


d0143355_8533753.jpg

d0143355_854288.jpg

これは8月末日、我が家のお嫁さん、Kちゃんにアラスカの釣りを紹介ということで誘った(実は無理矢理なんですが)時の写真です。釣れてます!釣れてます!

ラシアンリバーのこの時期は、毎年顔ぶれが一緒で、下流にいる常連が、“綺麗なのが上がって行くよっ〜!”と教えてくれます。
また、オレゴンやジョージア州から来て、近くのロッジに1ヶ月程滞在し秋のこの釣りを楽しむ人もいて、和気あいあいとした雰囲気です。

釣り上げたシルバーサーモン(ラシアンリバーでは、1日1本だけという決まりです)を帰宅後、即真空パックとイクラに。
d0143355_903224.jpg

d0143355_92338.jpg



そして、9月に入り、週1で昨年も紹介したお気に入りのトレイルリバーへ。
道中、サミットレイクは鏡の様。
いつもは通り過ぎてしまうのですが、停車せずにはいられない程の景色でした。
d0143355_95699.jpg


8月からずっと降雨量が多く、かなり増水した痕跡はありますが、先週もどうにかひとりで歩いて渡ることができました。
d0143355_97275.jpg


主人は、ほぼ入れ食い状態でキャッチ&リリースの連続。
私もやっと元気なレインボートラウトがかかったのですが、17.5インチというサイズ(16インチ以下のサイズなら良いのですが)で持ち帰ることが出来ず泣く泣くリリース,本当に残念。
d0143355_17442020.jpg



夕食用にと持ち帰ったドリーバーデン(14.5インチ)の胃袋の中からは、鮭の卵10粒と1cm程の小石が出てきました。
d0143355_991379.jpg

先週釣ったドリーバーデンの胃袋にも同じ様な小石が2つ。
これは、一説に、川が急に増水した際、その激流に流されないようにと自らを重くするため石を呑みこむと言われています。
真偽の程を魚達に聞くこともできませんが、とても興味深い習性ですよね。


d0143355_9124689.jpg

一昨日、チュガッチ山脈にもとうとう初冠雪です。
我が家の車はタイヤ交換完了、冬支度です。
[PR]
by haishirokuma | 2016-09-22 02:52 | 小熊のAya | Comments(0)