HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

グレイシャーベイの週末その2

ジュノー散策をすませた後は、もう1回飛行機に乗っていよいよガスタバスへ。

ジュノー空港もかなり小さくてほのぼのしているんだけど、ガスタバス空港は野原、って感じなのだ。でも、小型飛行機の会社が2、3社乗り入れているし、アラスカ航空のジェットも離着陸できる。

d0143355_2394765.jpg


小さな荷物受取所で荷物を受け取り、グレイシャーベイロッジの緑色のバスに乗ってロッジに向かう。空港からロッジへの道は約20分。基本的にまっすぐ進んで、1回曲がって、それでしばらく走ると道が終わってロッジに着く、という感じだ、広い道ではないし、いかにも動物が出てきそうな感じの森が両側に続いているから、バスはのんびり進む。

途中、グレイシャーベイの宿泊客でその日ハイキングに出かけていた人が乗ってきたりして、和気あいあいの雰囲気だ。

ガスタバスは人口800人程度の町だと言われているが、地元の人によると「そんなにいるように見えないがなあ」ということである。確かにそんなに人がすんでいるような感じはしないが、みんな分散してのびのびと暮らしているのだろう。

グレイシャーベイロッジはガスタバスの町からは外れていて、グレイシャーベイ国立公園の中にある。森の様子は全くアンカレジ周辺とは違う。何が一番違うかと言うと、やっぱり苔と、地衣類の多さかな。木の種類も多いようだ。アンカレジに比べると湿度も高いようで、まさにレインフォレストだ。

グレイシャーベイロッジ到着。フロントデスクとレストランのあるメインロッジ。

d0143355_23142737.jpg


フロントデスクで鍵をもらってお部屋に向かう。お部屋も森の中にあるような雰囲気。

d0143355_23174455.jpg


さて、おなかもすいたので、レストランへ行くか。お天気がいいので、おちろんデッキで食べることにする。

まずはこれでしょう。Alaskan Beerはジュノーの地ビール。アンカレジで飲むよりさらにうまい(気がする)。IPA、Amber、Summer Aleを味わう。

d0143355_23222517.jpg


デッキの向こうはこの景色。で、このビール。たまらんなあ…。

d0143355_2328339.jpg


さて、食事。6歳児はとにかく外食っていうと「フレンチフライ」なので、チキンとステーキのサンドイッチを頼んでフライは6歳児と分けることにする。あとはサラダとクラムチャウダー。

d0143355_23243771.jpg


なかなかおいしく、盛りつけもおしゃれ。

サンドイッチとビールと景色でお腹いっぱいになったので、ごちそうさまをして、メインロッジ2階のグレイシャーベイ国立公園のインフォメーションデスクへ。

手に取って触れる模型、本物の骨や羽などなど、スペースをうまく使って展示してある。隣の部屋には、家族で楽しめる本やゲームが置いてあって、ここでのんびりくつろいだり、アクティビティのプリントに取り組んだりすることもできる。

d0143355_2336482.jpg


d0143355_23381993.jpg


d0143355_23412572.jpg


明日の朝は早いので、そろそろお部屋で寝よう。まだまだ外はこんなに明るいけどね…。

d0143355_23201423.jpg

[PR]
Commented at 2013-07-10 18:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-07-17 20:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-07-17 20:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by haishirokuma | 2013-07-09 23:44 | 小熊のAkko | Comments(3)