HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

秋の週末第二回「トレイルリバー編」

スワードの手前のトレイルリバーという川で、「いま、北極イワナが熱い!」という話を聞いた。

北極イワナ、またの名をおしょろこま、英語ではDolly Vardenという。サーモン釣りの季節が終わった後も楽しめ、最近は水量も多くないので子供でも川原で釣りを楽しめるという。

我が家の3歳児は釣竿(これはおもちゃ)もフィッシングベスト(こっちは結構本格的)も持っていて、父親の影響か、「釣りに行きたい」とよくノタマウので、週末に家族で行ってみることにした。

天気予報は晴れ。このところずっとお天気がよく暖かかったので防寒着のことまで頭が回らないまま、お弁当を持って出かけた。

d0143355_16562113.jpg


トレイルリバー到着。寒い。お日様はどこに行ったのか。川原には誰もいない。父ちゃんが釣っている間、シャボン玉をしたり、サンドイッチを食べたりして待つ。

「入れ食い」と聞いていたのに、魚の影も見えない。あんまり寒いので川原を走ってみる。でもまだ寒い。3歳児とともに車に戻る。


そのうち、父ちゃんが釣果を持って車に戻ってきた。ぴっかぴかの北極イワナである!

…ここで私は考えた。

レギュレーションでは、16インチ以下の北極イワナをひとり1匹だけ釣って持って帰っていいことになっている。でも、1匹では、3人のおかずにはならない。

そこで、私もウェーダーをはき出陣。何回かキャストすると、何かがかかった。

くたびれ果てて真っ赤になったサーモンだ。サーモンはレギュレーションでこの時期は釣ってはいけないことになっているので(それに、もうおいしそうには見えない)、リリースする。ところが、近くのお家の犬が、逃がしたサーモンを遊び半分で殺してしまった。こういう場合、レギュレーションはどうなるのか?

うちの犬じゃないですよ~!


ま、それはともかく、再投。

かかった!

d0143355_7244248.jpg


それは、北極イワナではなく、ニジマスだった。大きさにして、25センチぐらいか。

ここでこっそり本当のことを言ってしまうと、魚を釣ったのはすごく久しぶりなのである。子供が小さいと川原や海辺でヘタにうろうろできないので、釣りへの関心度からして私はどうしても「子守り担当」にならざるを得ない。だから、今回はとてもうれしかった。

3歳児も挑戦する。恰好がなかなか様になっているではないか!竿を持っていないときも、「イメトレ」をしていた。

d0143355_726723.jpg


結局3歳児は釣れなかったが、雰囲気は存分に味わったに違いない。でも、「まだ釣る~」と言うので、今度はこの3歳児をお菓子で釣って、車に戻った。

アンカレジに向かうスワードハイウェイから見える山並みには、朝はなかった雪が積もっていた…。

d0143355_1658191.jpg



さて、夫と私の釣果。

d0143355_7275158.jpg


家に帰ってさっそくオーブンに火を入れる。2匹のおなかを出してきれいにして塩をまぶし、高温のオーブンで焼くこと十数分。

d0143355_7314771.jpg


こんがり焼けた、北極イワナとニジマス。うまい!!!脂がのって、レモンの香りとともに食べたらもう極楽である。

また、釣りに行きたいなあ、雪が降る前に…。そんなことを思いつつ、贅沢に味わった。

(2010年9月26日)
[PR]
by haishirokuma | 2010-09-30 07:39 | 小熊のAkko | Comments(0)