HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

デナリ国立公園へ

こんばんは。

このところ、信じられないほどいいお天気の日がずっと続いています。気温も連日25度ぐらいまで上がっており、5月なのにこんなんでいいのか?!と先行きが不安になるほどです。

そんな中、本当に久しぶりにデナリ国立公園へ行ってきました!

毎日毎日、仕事で「デナリ公園」という言葉に接しない日はない毎日にも関わらず、アンカレジから車で最低4時間はかかることや、子供が小さいことなどがあり、ここしばらく行っていなかったのです。

今回は友人親子と私と娘で、視察と家族サービスを兼ねて?出かけてきました。

まずはタルキートナジャンクションの手前にお住まいの、犬ぞりマッシャー今野さんちで休憩。こちらも久しぶりの再会。現在キャビン建設中。わんこたちも元気に出迎えてくれました。

d0143355_14161395.jpg


犬と今野さんに挨拶して、引き続き北へ。



ところで、さっきからずっと気になってたんだけど、この山。

d0143355_14201678.jpg


もちろん、マッキンリーです。ここまではっきりくっきり見えるのも、そんなにないんじゃない?っていうほどの姿です。

d0143355_14292127.jpg


途中、マッキンリーを真正面に見ながら食事ができる、Mary's McKinley View Lodgeでもさらに休憩。おいしいブルーベリーパイをいただいて、マッキンリービューポイントへ。

ここからの眺めはこんな感じ…。

d0143355_14213344.jpg


大人はこれで感動できるんですが、子供にとっちゃあマッキンリーだろうが裏山だろうがあまり関係ない。

そこで、トリイダシマシタル秘密兵器。

d0143355_14225422.jpg


広々と開けた原野、低木などの紅葉でも有名な、Broad Passでハイウェイ脇に車を停めて、シャボン玉。子供たちは、景色よりもこれなんだなあ。



この日は予想を大幅に上回る8時間でやっとデナリに到着。初日の宿はMcKinley Chalet。林の中に点在するロッジのお部屋、木漏れびが心地よい。

夕食はバイキングにして、早々にお部屋へ。



翌日の朝食はまたもやバイキング(いつもお腹がすいていてとにかく食べるので、食事の写真を撮り忘れる私)。子連れだと、バイキングが手っ取り早く、親子で好きなものが食べられていいんですよ。待たなくていいし。

この日はまず、ライリークリークへ。こちらは売店の他、コインランドリー、シャワーなどがあり、キャンプ場を利用する人には重要な施設です。

小さいお見せながら、キャンプ用品など、結構何でも売ってます。お酒も買えますよ。

d0143355_14384149.jpg


d0143355_14405217.jpg


この後は、いよいよ国立公園内へ。本当はバスツアーなどに参加して、景色や動物観察を楽しみたいところですが、3歳児の忍耐力の限界もあり、自家用車で行ける一番奥、サベージリバーまで行って、ちょっとハイキング。

それでも、いろいろな動物をみることができました。

うさぎ。

d0143355_14443763.jpg


雷鳥。冬の羽根から夏の羽根に生え変わっています。

d0143355_14471314.jpg


ムースの親子。

d0143355_14475893.jpg


そして、気になっていたこの足跡。

d0143355_14483949.jpg


やっぱりこれでした!

d0143355_14491530.jpg


ちょっと小さいですが、遠くに茶色い塊が2つあるのが見えるでしょうか?そうです、グリズリーです。この後、トレイルにどんどん近づいてくるというので、パークレンジャーが様子を見に来たりして、やや緊迫した空気が。娘は結構コワかった様子。



歩いて少し疲れたし、お腹も減ったので、公園入り口に戻り、ビジターセンター近くのカフェで休憩。

ここでもこんな動物発見。こっちはずいぶん人慣れしています。

d0143355_14513251.jpg


カフェではおいしいパニーニをお腹いっぱい食べました。街にあってもおかしくない、おしゃれなカフェです。

d0143355_14554720.jpg


ビジターセンターでは子供たちも映画や展示を楽しめます。

d0143355_1457127.jpg


この後、子供たちは車に乗ったとたん爆睡。その間に、大人は景色を楽しんでドライブ、そして、ホテルの挨拶回り。昼寝のおかげで、はかどりました。

夕食は巨大なステーキ。500グラムぐらいは食べたんじゃないだろうか?やわらかくて、お腹にももたれず、気づいたら完食していました…。子供たちはホットドッグ。「今日何が楽しかった?」と寝る前にホテルの部屋で聞いたら、「ホットドッグ」だって…。リスはどうした?ウサギはどうした??そして熊はどうしたっ?!

…ま、それはさておき。



2日目の宿はGrande Denaliという、デナリ公園入り口で一番高いところにあるホテル。どんな眺めを楽しんだかは、次回に乞うご期待!
[PR]
Commented by ANDY at 2010-06-03 13:34 x
デナリ。地球上でも屈指の大自然じゃないかと思います。自宅から4時間で行けるなんて・・・。ストーニーヒルで見たマッキンリー。思い出します。すごかった・・・。
Commented by haishirokuma at 2010-06-04 15:23
ANDYさんこんばんは。Akkoです。コメントありがとうございます。

確かに、デナリはすごいところですね。何者も寄せ付けない厳しさがあります。アラスカとは、基本的に自然の脅威が人間の存在を凌駕してしまう、そんな場所ではないかと思います。だから美しいんでしょうか。そこに人間が入ってきていろいろ手を加えているわけで。私もそのひとりなんですが。

自宅から4時間でデナリなんですが、道路があるからそれが可能なわけで、道路がないところがほとんどのアラスカでは、自宅から車で行けるところが限られているので、何となく束縛された感じがしてしまうのが、面白くもはがゆいところです。
Commented by nendo_doll at 2010-06-04 15:39
Akko さん  

デナリ国立公園に行かれましたか? 素晴らしい!!
真っ白なマッキンリー山見れて、中々見れないとか?

冬眠から覚めたグリズリー! 大きな足跡!
ムース(ヘラジカ?)を林の中で見ましたが。 クマはフンだけ見ました。

動物たち春の到来で嬉しそう♪ 
良いわね~ デナリ! 

シャボン玉! 飛ばそ~ 可愛い!!
Commented by haishirokuma at 2010-06-15 16:06
たえこさん、こんばんは。お久しぶりです、Akkoです。コメントいただいていたのに、長いことそのままになっていました。ごめんなさい。

マッキンリーはとても雄大でした。この週末は3日間ともマッキンリーが見え、本当にすばらしい長めでした。旅はお天気によって印象ががらっと変わりますよね。どんなお天気でもそれなりの楽しみ、美しさがありますが、デナリと言えばデナリ山(マッキンリー山)。これが見えるのと見えないのとでは、やはり大きな違いがありますね。

後編は近々アップする予定です。さぼってばかりでスミマセン…。いつものぞいてくださり、本当に感謝しています。
by haishirokuma | 2010-06-01 15:02 | 小熊のAkko | Comments(4)