HAIしろくまツアーズスタッフ作成。アラスカ州アンカレジから、四季(二季?)折々の便りをお届けします。


by haishirokuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

まあきれい、あんたにほれたー

まあきんれー、ハンダーにフォレカー。

つまりアンカレジ側から見ると右からマッキンリー山、ハンター山、フォレカー山ということ。オヤジはこうやって山の名前を暗記するのだ(そういうオヤジは今Nick 18 とかCook 81とかバイリンダジャレにこっている。いくらはいくらですか?=How much is Ikura?=Hamachi is Ikura=はまちはいくらですか?答え:いいえ違います。とか。それはさておきマッキンリーだ。)

d0143355_16274385.jpg


場所はタルキートナの東にスキーを着けた小型飛行機で約15分飛んだところに位置するカリブーロッジ。ここではマッキンリーにたなびくオーロラというレアな景色が見れる人里離れたアラスカのもっと人里離れた山奥の一軒家だ。

この写真はそのカリブーロッジからスノーシューをはいて散歩している時の昼間の風景。昼は晴れると暖かいので、雲がたなびく。左端の半分切れているフォレカーが高く見えるのはこちら側にあって距離が近いから。

青空に雲が手を振るマッキンリー〔季語はどこだ?きっとマッキンリーだな〕



d0143355_16301593.jpg


日没後は雲が次第に少なくなる。そう、これは上の写真と同じ日に撮ったもの。

はにかんで山も衣も朱に染まり〔季語はどこだ?〕



d0143355_16384819.jpg


山は日の出前から輝きはじめる。         

雲は全くない。 



朝陽浴び山決然と立ち昇る 〔季語はどこだ?〕








そして


昼間は背景だった空が、夜になるとオーロラがフラッシュ現象を起こして怪しく輝き、昼間は主役だったマッキンリー山、ハンター山、フォレカー山が背景となり雰囲気をかもし出す(その写真はフィルムなのでまだ現像できていません)。

昇竜のオーロラ延びよマッキンリー〔やっと季語=オーロラが出た。なのに写真はどこだ?〕






タルキートナ周辺では晴れていさえすればこのような風景が普通に見れる。ただし雪焼けで顔は真っ黒になるのでご注意。




マッキンリ ハンター フォレカ タルキトナ 〔575なだけぢゃないか〕

でもこれは

まあきれい あんたにほれた タルキトナ とすると川柳になる?いや演歌の歌詞かな・・・。


お後がよろしいようで・・・・・。

しろくま川柳でした。 
[PR]
Commented by あいうえお at 2008-04-03 08:59 x
あはは~♪座布団10枚ーーー!

最高に面白い~。何回も読み直して笑い転げてます。
句会に出たら最優秀賞もらえそうですねえ。

こんな綺麗な写真を撮りに行くのには、信じられない寒さのなかで頑張らないといけないんでしょうね。

元気印のしろくまさん、引き続きお願いしまーす。
Commented by しろくま at 2008-04-10 08:36 x
あいうえおさん、
おほめ?の言葉ありがとうございます。オヤジギャグで受けられるのも結構複雑なものがあります。

出せるのは句会ではなく川柳会でしょうかね。

次はもっときれいなカメラ・・・ぢゃない、きれいな写真が撮れるカメラで撮る予定ですので期待していてください。今回はそれほど寒くなかったし、がんばるというよりかなり楽しみながらの撮影でした。
by haishirokuma | 2008-04-02 17:17 | Comments(2)